주요 기사 바로가기

<APEC>習近平主席「中国経済は危険だが恐れるほどではない」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.11.11 08:51
0
中国の習近平国家主席は9日、「中国経済が危険だ」と認めた。ただ、「恐れるほどではない」という前提を付けた。習主席が昨年3月の就任後、「経済危険」を取り上げたのは初めて。

習主席は9日に行われたアジア太平洋経済協力会議(APEC)最高経営責任者(CEO)会議の開幕演説で、「現在、中国経済は(産業高度化のための)“新常態(新しい体質)”を構築中で、その過程で一部、危険の可能性が目立っているが、これを克服できる弾力を備えている」と述べた。習主席はその危険について具体的に言及しなかった。

習主席の彭麗媛夫人は9日午前、中国を訪問中のバングラデシュとモンゴルの首脳夫人と上海協力機構(SCO)秘書長夫人を首都博物館に招請し、「博物館外交」を行った。彭麗媛夫人は北京の歴史と文化の展示館を回りながら、自ら展示された磁器などの遺物を紹介した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP