주요 기사 바로가기

「中国の偽物に市場奪われる」…韓流ファッション・化粧品の流通網確保を(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.09.22 10:13
0
「『星から来たあなた』効果ですか? 私たちは本当にくやしいです。チョン・ジヒョンが使ったのはうちのリップスティックなのに、飛ぶように売れたのは輸入ブランド製品だったんですから」。

韓国トップの化粧品メーカーであるアモーレパシフィック関係者の嘆きだ。チメク、LINE、チョン・ソンイ人気を巻き起こしたドラマ『星から来たあなた』の主人公である女優のチョン・ジヒョンが劇中で使ったリップスティックはアモーレパシフィックの「ロリータレンピッカ」のリップスティックだった。しかし市場で消費者が求めたのはイヴ・サンローランのティントだった。チョン・ジヒョンがイヴ・サンローランを使ったと誤った情報が広まったためだ。

良いコンテンツを制作する能力はあるが流通には疎い韓国の現状だ。アモーレパシフィックのように投資しても広報効果が別のところに奪われた事例があるかと思えば、大ヒットドラマに運良く便乗し瞬間的に売り上げ上昇を狙ったが長続きせず看板を下ろした企業もある。韓流の産業化と流通に対する検討がなかったためだ。

業界関係者は「『星から来たあなた』のようなドラマを制作したのは韓国だが、関連製品で金を稼いでいるのは中国」と断言する。ドラマが人気を得れば中国や東南アジアなどですぐにOSTやポスター、DVDなどドラマ関連コンテンツを制作する。ドラマで使われたコートやリップスティック、バッグなど2次市場で流通する関連製品も同様だ。この関係者は「よく売れそうな製品は序盤に購入し、まったく同じ偽物を作って中国の通販サイトで販売する。韓流ブームで実際に金を儲けているのは中国企業と芸能人だけ」と話す。

韓流ブームを実質的な経済効果に変える作業が至急だ。中国などアジアの国を中心に『冬のソナタ』(2003年)、『チャングムの誓い』(2005年)などのドラマを輸出した韓流1.0時代、K-POPを携えて米国・欧州市場まで攻略した韓流2.0時代を超え韓国の輸出産業と文化コンテンツを連係して流通する韓流3.0の必要性が提起される理由だ。コンテンツ制作だけでなく流通関連産業の波及効果を考慮して潜在力を無限増殖させるべきだ。韓国経済研究院のペク・ダミ研究委員は、「韓流と製造業を連係して、企業がコンテンツ制作に投資し、これを通じて韓国ブランドの収益を多角化する構造を作らなければならない時だ」と話す。
「中国の偽物に市場奪われる」…韓流ファッション・化粧品の流通網確保を(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP