주요 기사 바로가기

ネクソン創業者「規制に縛られた韓国ベンチャー、ゲームにばかり偏りもどかしい」(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.06.02 11:21
0
世界のIT市場は地殻変動中だ。アップル、グーグル、アマゾンは絶えず有望なスタートアップ企業を見つけては買収しており、世界最大のオンライン商取引会社の中国アリババは米国証券市場でのデビューを控えている。グローバル企業が息が切れるほど動いているいま、韓国ITベンチャー第1世代の金正宙(キム・ジョンジュ)NXC代表に会った。20年前にゲーム会社のネクソンを創業した彼は数年前から韓国、米国、欧州を行き来しながらグローバルスタートアップに注視している。自ら「私はあちこち動き回る運命がある」と話す彼は1年の3分の1以上を海外で過ごす。

先月31日に京畿道城南市(キョンギド・ソンナムシ)の板橋(パンギョ)テクノバレーのネクソン社屋で会った金代表は気むずかしそうに口を開いた。インタビューの間ずっと「もどかしい」「社会がもう少し柔軟になれば良いだろう」という話を何回もした。

――金代表が投資する企業が話題となる。(※彼は昨年レゴ取り引きサイトのブリックリンク、スウェーデンのベビーカーブランドのストッケを買収した。最近では二輪電気自動車メーカーのリットモーターズに投資して注目を浴びた)

「米国東部には特異なスタートアップ企業がある。成功の可能性よりも、他の人がしないこと、みんながつぶれるだろうと言うがおもしろそうな会社に投資する。投資金の10倍を回収するという期待で投資するのではない。米国西部(シリコンバレー)には主に技術基盤のスタートアップが多いが、(人とは異なる発想と創意的な事業が多い)東部のスタートアップは私には学校のような存在だ。最近投資を決めたエクソはコオロギをすりつぶしてチョコレートを作る会社だ。これがまた『金正宙が代替食糧に投資するらしい』という形でみられなければ良いだろう(笑)」

――韓国にもスタートアップが多い。

「とても似たり寄ったりだ。ゲームがとても多い。制度的にも社会的にも韓国はまだ…。もう少し健康になれば良いだろう。(政府は)創造経済と言うが、手足が縛られていると感じる時が多い。お金で創業者支援をするのも良い。しかしもっと大きく助けなければならない。簡単に言うと政府が日本との関係をうまく解決すれば日本で物がよく売れる」

――創業第1世代だが、20年前より創業環境が悪くなったのか。

「われわれよりもっとうまくやっている人たちももちろんいる。しかし途中で道を1度誤ると韓国では戻るところがない。かなり苦しい状況だ。最近はわれわれが創業した時より圧迫感がもっと深刻になったようだ。ソウル・大峙洞(テチドン)の予備校に入ろうとしても試験を受けなければならず、途中からここに入るには雰囲気が壊れるとして入れてくれないのが現実だ」

――韓国のスタートアップ競争力が落ちているのか。

「米国にはとてつもないスタートアップが出ている。グローバル宿泊施設共有サービス のAirbnbは11兆ウォン、高級コールタクシーのUberは企業価値が14兆ウォンだ。ところが韓国ではずっとカカオとネイバーバンドがゲーム開発会社に手数料をどれだけ受けるかという話ばかりが行き来する。あちらでは突っ走っているのに…。韓国はソーシャルカーシェアリングの話が出れば『これは営業用タクシーか、個人車両か、レンタカーか』を問い質す。社会がもう少し柔軟に(新しいものを)受け入れれば良いだろう」

――青年創業が大変だという話なのか。

「それでも創業をしなければならない。1カ所にしがみついて食べられる時代は過ぎた。いまよりさらに長く生きなければならず、社会ははるかに険しく変わっている。創業して金を稼ぐというより、自分の考えを世界に広げてみるという考えで仕事を始めなければならない」


ネクソン創業者「規制に縛られた韓国ベンチャー、ゲームにばかり偏りもどかしい」(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    ネクソン創業者「規制に縛られた韓国ベンチャー、ゲームにばかり偏りもどかしい」(1)

    2014.06.02 11:21
    뉴스 메뉴 보기
    今年で創業20周年を迎えた金正宙NXC代表は先月31日、インタビューで「平凡でない選択をしても容認する社会、新しい試みを受ける柔軟な社会になれば良いだろう」と強調した。(写真=ネクソン)
    TOP