주요 기사 바로가기

【コラム】韓流を亡ぼす近道(2)

ⓒ韓国経済新聞/中央日報日本語版2014.09.09 08:30
0
もう1つの事例はロバート・ダウニー・Jr.の人生だ。シャーロック・ホームズシリーズの熱烈読者としてダウニー・ジュニアが主演で登場した『シャーロック・ホームズ:シャドウ・ゲーム』をとても印象深い映画として評価したい。彼は漫画を基に作った映画『アベンジャーズ』や『アイアンマンシリーズ』にも出演して全世界の青少年の憧れの対象にもなった。だが、彼もやはりジョリーのように麻薬に関連する不幸な過去を持っている。90年代に麻薬服用で何度も逮捕され、リハビリ治療などを通して克服した。現在、模範的な芸能人ではないが少なくともファンたちを失望させないように努力を見せてイメージ改善に注力している。

この頃、韓国の有名俳優は韓流のおかげで国際的な名声を得ながらも、たびたび望ましくない私生活で非難されている。韓流スターはハリウッドスターよりも一層節制ある生活を送らなければならないと思う。韓国映画が成功した背景の1つが西欧とは違って「自由」よりは「道徳」を重視した面が少なくないためだ。

海外の韓流ファンは、東洋的な情緒を土台にした韓国映画を通じて俳優についてのイメージを形成する。最近、一部の韓流スターの無節制な私生活はこうしたイメージとはかけ離れている。これによって、ややもすると韓国俳優に対して否定的な先入観をもつ恐れがある。韓流スターを愛するファンの立場としても、韓国発のスキャンダルに関する記事をますます多く送稿するのは残念なことだ。

韓国映画産業が一層発展するためには、これを見逃してはいけない。世界の映画市場に挑戦する韓国映画がより一層の愛を受けるためには、イメージ管理が必要だ。韓国のことわざの中で「泥棒に入られて柴の門を直す」という話がある。間に合わない後悔をしないようにするならば、韓国映画界が肝に銘じなければならない話だ。(中央SUNDAY第391号)

アルファゴ・シナシ トルコジハン通信韓国特派員…2004年に韓国に留学して忠南(チュンナム)大学政治外交学科を卒業し、ソウル大学大学院外交学科修士課程を修了した。


【コラム】韓流を亡ぼす近道


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP