주요 기사 바로가기

新政治連合の文在寅「ネットワーク政党に変えなければ」…党権争い始動

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.09.04 14:59
0
文在寅(ムン・ジェイン)議員が動いている。大統領選挙の敗北後の政治的隠とん生活を終わらせて、新政治民主連合代表として前面に出る準備を段階的に踏んでいく様相だ。

文議員は2日、市民団体である文盛瑾(ムン・ソングン)「国民の命令」常任運営委員長と崔敏姫(チェ・ミンヒ)議員らと国会議員会館で非公開に会った。

3人は政治的出発点が同じ人々だ。いずれも(新政治連合の前身である)民主党との合党を目的に作られた「市民統合党」の出身だ。当時、文議員と文委員長が共同代表を、崔議員が事務総長をつとめた。

そんな3人がこの日会って「ネットワーク政党」の構築を議論した。党員・地域委員会中心の従来の政党構造にオンライン政党を合わせたものがネットワーク政党だ。文議員は「私たちの党は完全に新しく生まれ変わらなければならない。閉鎖的な政党構造から脱却してネットワーク政党に変貌してこそ、派閥やリーダーシップ問題を解決できる」と話したという。

新政治連合は近く「朴映宣(パク・ヨンソン)非常対策委員会」体制で政党の刷新案を用意しなければならない。文議員が強調したネットワーク政党は事実上、野党が向かう下絵と路線だ。もちろん党内の非盧武鉉(ノ・ムヒョン)グループを中心にした反対が侮れないということもある。

すでに親盧武鉉勢力は党内の最大派閥だ。そのような状況でネットワーク政党を構築して一般市民がこれまでの党員と同等に党の意志決定に参加することになれば、親盧勢力の位置づけはより一層強固になる。だが、新政治連合の党憲1条が「国民ネットワーク政党」を指向するとされている上に、党内の力学上、親盧勢力が多数であるため親盧グループが意を貫徹することになる公算が大きいという分析だ。以後、手順は文議員の全党大会の「直接登板」になるだろうという観測だ。現体制で刷新案が用意されれば来年初めには全党大会を行う。

親盧グループの一部では最近になってますます文議員が党代表になるべきだという声が大きくなっている。党内には「文議員が近く決断することになる」という話も出回っている。

特にセウォル号の局面をたどりながらそうした気流が強くなった。ある首都圏の議員は「党の支持率が底まで落ちた状況では、大統領選候補だった文議員が直接始めてこそ党が直面している危機を突破できるという声が大きい」と伝えた。またほかの親盧指向の議員は「党内の状況だけ見れば、断食もよくやったこと」と評価した。世論の支持は得られなかった、文議員が光化門(クァンファムン)で断食した時は一日に議員40人余りが一度に座込み場を訪れて励ました。自然と支持勢力が結集したということだ。

もちろん「時期尚早論」を展開する親盧派の人々もいる。大統領選挙が3年近く残っている状況で、今出れば与党側の集中牽制を受ける可能性が大きいという論理だ。孫鶴圭(ソン・ハッキュ)常任顧問までが政界引退を宣言した状況で、文議員は大統領選挙の資源として残しておかなければならないという主張だ。実際に野党代表をつとめてうまく退いた例は珍しい。安哲秀(アン・チョルス)議員が政治的打撃を受けて落馬したのが最近の例だ。

しかし盧武鉉政権出身の幹部は「大統領選挙に関心を持ったとすれば、出ないわけにはいかない時期」として「20カ月の無選挙期間の間に党を立て直して主導的に改革に出なければ将来もないという意見が多数」と語った。

◆ネットワーク政党=オンラインとオフラインを結合した政党。文在寅議員は大統領選挙の時に「従来の地域委員会のほかにインターネットに基づいた職場委員会・大学生委員会の3元構造で党を変える」と公約した。英国の労働党も3月「党員と市民に同じ意志決定権を付与する」という案を通過させた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    新政治連合の文在寅「ネットワーク政党に変えなければ」…党権争い始動

    2014.09.04 14:59
    뉴스 메뉴 보기
    新政治連合の文在寅(ムン・ジェイン)議員が3日、国会本会議場で同党議員らと語っている。
    TOP