주요 기사 바로가기

日本国民には良識がある…安倍首相を激励する勢力は多数でない(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.08.29 13:42
0
我々の耳に馴染んでいる「村山談話」のその村山富市元日本首相は、韓日関係改善の道をふさいでいる慰安婦問題、このままではだめだという信念を持っている。しかし日本の過去のアジア帝国侵略行為と植民地支配を「痛切に反省し、心から謝罪」した村山談話は、慰安婦問題の日本の国家責任を認めた「河野談話」とともに、安倍晋三政権の民族主義的歴史修正主義の激しい挑戦の前に立った。慰安婦問題の解決案、安倍政権に入って最悪の状況となった韓日関係の復元に、「村山談話」の主人公はどんな答えを持っているのだろうか。東北アジア歴史財団の招請で訪韓した村山氏に会い、虚心坦懐に話を交わした。

金永熙=村山元首相は8月22日の東北アジア歴史財団の講演で、村山談話(1995)は日本国家の公式的な歴史認識であり、世界に対する公約なので、修正することはできないと述べた。しかし侵略の定義さえ国によって異なると強弁する安倍晋三首相の歴史修正主義は、過去の侵略行為と植民地支配を反省して謝罪した村山談話を正面から否認するものではないのか。

村山=そのような発言をしたのは確かだが、安倍首相も最終的には村山談話を継承するとし、菅義偉官房長官もそういう発言をしたのを見ると、談話の継承は確実だと思う。

金=安倍首相をそのような民族主義的・歴史修正主義的な方向に導く背景は何か。安部首相はどんな日本を作ることを望んでいるのか。

村山=…。彼が何を考えているかはまだよく分からない。

金=ひょっとして第2次世界大戦で果たせなかったアジア支配の夢を実現するという時代錯誤的な幻想に陥っているのでは。

村山=これほど大変な目にあった日本がまたそのようなことはしないだろう。

金=安倍政権は慰安婦問題の再検証で韓日間の葛藤に油を注いでいる。これは慰安婦報告書の信頼を落とそうという手法ではないのか。

村山=河野談話(1993)の事実関係を検証するということだが、それは困る。とにかく安倍政権は河野談話も継承すると話している。

金=再検証が談話自体の否定ではないのか。8月21日、自民党政務調査会というところで、河野談話に代わる新しい談話を発表すべきだと政府に要求することを決議したが、これはどういうことか。

村山=そのような決定は拘束力がない。政府は河野談話を否定できない。

金=それで問題はないのか。

村山=河野談話を継承はするが、談話の作成過程を明確にしようということだろう。(この時、そばで聞いていた和田春樹東京大学名誉教授が発言した。和田教授は慰安婦問題に深く関与してきた良心的な日本人グループに属する)

和田=日本の右翼が、韓日政府間で河野談話を交渉して調整する過程で、不当に韓国側の主張を受け入れたと攻撃をしてきた。それで政府が談話作成過程を検証した結果、問題がないという結論を得たのが検証報告書だ。河野談話が何をもとに作られたのかは全く検証されなかった。

村山=だから、それは検証することはできないことなので検証されなかったということだろう。
日本国民には良識がある…安倍首相を激励する勢力は多数でない(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    日本国民には良識がある…安倍首相を激励する勢力は多数でない(1)

    2014.08.29 13:42
    뉴스 메뉴 보기
    22日に訪韓した村山元首相がソウル朝鮮ホテルで、軍隊慰安婦問題をはじめとする韓日葛藤の解決法をめぐり金永熙(キム・ヨンヒ)論説委員のインタビューに応じている。村山氏は「結局、両国の首脳が心を開いて会うべきだ」と強調した。
    TOP