주요 기사 바로가기

韓国の出生率、史上最低値…堕胎が問題

ⓒ 中央日報日本語版2014.08.28 11:52
0
26日の韓国統計庁発表によると昨年、人口1000人当りの出生率が8.6人と史上最低値を記録した。

これに関連し韓国メディアは韓国が「堕胎率」は最上位、経済協力開発機構(OECD)加盟国のうち「避妊実践率」は最下位なのに加え「出生率」は世界的に最下位だと知らされ、正しい性文化認識の拡散が至急必要だと指摘した。

2010年、韓国保健福祉部が15~44歳の可妊期女性たちを相手に人工妊娠中絶実態を調査した結果によると、一度でも堕胎手術経験があるという答えは10人中3人(29.6%)であることが分かった。

さらに衝撃的なのは2011年に生まれた新生児数は約47万人、人工妊娠中絶で生まれることが出来なかった赤ん坊の数は約16万9000人に達し、全体新生児数の36%に達することが調査結果で判明した。

一方、フランシスコ法王は韓国訪問時に福祉施設「コットンネ(花の村)」にある「胎児の園」に出向き「生命尊重」のメッセージを伝えた。

胎児の園は堕胎児たちを記憶するために作られた場所だ。最近台頭している堕胎問題に対する警戒心と改心を促す場所でもある。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP