주요 기사 바로가기

<法王訪韓>「金持ちとして生きていく修道者の偽善、信者の魂を傷つけている」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.08.18 10:40
0
1/3
16日午後、忠清北道陰城の福祉施設「コットンネ」を訪問したフランシスコ法王が「胎児の園」で祈っている。ここには犠牲になった堕胎児の墓を象徴する1000本の白い十字架がある。(写真=共同取材団)
フランシスコ法王は決して座ろうとはしなかった。立ったまま子供たちのリズム運動を見つめた。いつもそうしているように顔いっぱいに笑顔を浮かべながらだ。法王の前で元気よく体を動かしている11人は筋無力症やダウン症候群などを患っている忠清北道陰城(チュンチョンプクド・ウムソン)の福祉施設「コットンネ(“花の村”という意味)」の障がい児たちだった。4カ月間練習したリズム運動を法王の前で発表しているときだった。立つことができない前列の2人は座ったままリズム運動をしていた。

1曲目が終わって間奏が流れた時、一番前に座ってリズム運動をしていたチャ・へジュン君(10)が話した。「法王様、愛してます」。それからゆっくりと法王の方に這っていった。予定にはなかった行動だった。しばらくとまどっていた他の子供たちも法王に抱かれた。法王は子供たちを抱いて頭部にキスをした。その瞬間、子供たちの顔に法王の笑顔がうつったようだった。公演が終わって子供たちが頭上でハートマークを作ると、法王も同じようにハートマークを作ってこれに応えた。

16日午後、忠清北道陰城の福祉施設「コットンネ」で起きたことだ。コットンネの訪問は「韓国で最も不遇な者に会いたい」という法王の意向によって実現した。法王は同日午後、成人障がい者が生活するコットンネの「希望の家」で老人患者や障がい児・障がい者、養子縁組を控えた赤ちゃんに会った。法王は80人余りと握手をしたり頭に手をのせたりして祝福した。ある赤ちゃんは法王の指をしゃぶったりもした。

法王はコットンネの「胎児の園」に移動した。犠牲になった堕胎児の墓地を象徴する1000本の白い十字架の前で3分間、頭を下げて祈った。AP通信は「法王が黙祷を通じて強力な堕胎反対メッセージを送った」と報道した。「胎児の園」では手足がないまま生まれてきて宣教師になったイ・グウォンさん(25)に会った。イさんと目の高さを合わせるために法王は姿勢を低くして話を聞いた。イさんは法王に「自殺率1位の韓国で命の大切さを伝える人になりたい」と話した。

コットンネの「愛の研修院」に集まった韓国カトリック修道者4500人余りの前では「清貧を誓願をしているのに、金持ちとして生きている奉献された人々(修道者)の偽善が信者の魂を傷つけ教会を害している」と話した。「純粋に実用的で世俗的な考え方を受け入れようとする誘惑がいかに危険なことか考えてみてほしい」とも話した。続いて「皆さんの注意を散漫にさせ、スキャンダルや混乱を引き起こすすべてのものを必ず避けるべきだ」と呼びかけた。

同日、コットンネ前には午前から子供を伴った家族3万人余りが集まった。法王が車に乗って進む間、子供たちの頭を撫でたり額にキスをしたりする姿を見て子供を連れて出てきたのだ。法王は同日、コットンネに入る道で子供たち19人を祝福した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP