주요 기사 바로가기

解体運命の韓国海洋警察、中国漁船の取り締まりまで手回らず“放置”(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.08.18 16:43
0
珍島のセウォル号沈没現場に人材と装備が依然として集中していたら、予想できない副作用も生まれている。代表的な問題が、違法操業する中国漁船の取り締まりがまともに行えないことだ。このような問題は、取り締まり実績からもそのまま確認できる。拿捕(だほ)した中国漁船は2010年370隻、2011年534隻、2012年467隻、2013年487隻だった。しかし今年に入って最近までは98隻にとどまっている。

大型艦艇がほとんどセウォル号捜索作業に投入される中で、海洋警察の警備艦1隻が100キロ以上の仁川~泰安(テアン)区間を行き来して警備に立っている。警備海域があまりにも広くて過度な負担を負っている。

特に中国漁船を取り締まる海洋警察の特攻隊が珍島海域に投入された後、122救助隊の人材を中国漁船の取り締まりに代替投入したところ限界に達した。しかもワタリガニ漁が始まる9~10月までセウォル号捜索が続けば、中国漁船の取り締まりはさらに苦労すると第一線の海洋警察は心配している。

金錫均(キム・ソクギュン)海洋警察庁長官は、セウォル号事故以来ずっと珍島に滞在している。会議のために仁川にある海洋警察庁本庁を訪れたのはたった1度だけだ。海洋警察本庁の別の局長級幹部もかわるがわる珍島を行き来している。こうしてみると海洋警察組織が正常に回すのも難しく、海洋警察がセウォル号収拾以外の本来の任務をしっかり遂行することも難しい状況だ。これに伴い、もはや金庁長ら海洋警察指導部の人的刷新が急務だという指摘も出ている。

名誉退職者が増加している現実で、海洋警察の低迷した雰囲気を確認できる。セウォル号事故が発生した4月以降だけで海洋警察の85人が名誉退職した。2011年38人、2012年12人、2013年42人などセウォル号事故前の年間名誉退職者よりも多い。

今年6月に退職したキム氏(56)は「自負心で生きてきたが、一瞬のうちに不道徳で無能な海洋警察に置き換えられたことが残念で退職した」として「反省のきっかけになるような機会をもらえず、間違っていたからと解体すれば、残っている政府組織がどれほどになるのか」と話した。

今月初めに名誉退職した後、新しい職場を探しているイ氏(52)は「海洋警察トラウマ」に苦しんでいる。イ氏は「好意的に見ていた人々も『元海洋警察』といえば顔をしかめる」と話した。

匿名で運営されている海洋警察内部の掲示板には、海洋警察の内心を垣間見ることができる文が相次いで上がってきている。ある海洋警察は「3人ですべき仕事を1人で処理すると自分の仕事もできず他人の仕事もできずに最悪の状態になるものです」と不満を吐露した。また別の海洋警察は「人事で人を籠絡せずに(現場でまともに仕事をするよう)艦艇・派出所を中心に定員を満たしてください」と訴えた。


解体運命の韓国海洋警察、中国漁船の取り締まりまで手回らず“放置”(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP