주요 기사 바로가기

【社説】都心のシンクホール、放置すれば大事故招く=韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.07.30 14:45
0
地面がぽっかりとへこむシンクホール(sink hole)現象が、ソウルなどの都心で相次ぎ発生している。24日、京畿道議政府市(キョンギド・ウィジョンブシ)のあるマンション団地の歩道が2メートルほど陥没し、歩行者がケガをした。先月19日にはソウル汝矣島(ヨイド)の国会議事堂前の道路が深さ3メートルほど陥没した。ソウル蚕室(チャムシル)でも最近3カ所で地盤が1.2メートルほど落ち込んで住民たちを不安がらせている。一部では第2ロッテワールド工事のためでないかという憂慮が出ている。

シンクホールができる原因は大きく3つだ。まず主に石灰岩地帯で地下水などに石灰岩が溶けて発生する自然発生的なシンクホールがある。

2番目は道路に埋めた上下水道管が壊れて水が漏れ、地盤が崩れるケースだ。3番目は高層建物の掘削などで地下水が抜けて地面がへこむことだ。韓国ではほとんどが上下水道管の破損や地下水流出など人為的な要因から発生する。

汝矣島の国会前の道路は老朽化した下水管の亀裂によって、議政府のマンション団地の歩道は浄化槽が破裂したのが原因と確認された。蚕室地域のシンクホール3カ所も、ソウル市と外部の専門家の合同調査の結果、古くなった上下水道管が破損して起きたという結論が出てきた。

だが市民らの不安はおさまっていない。シンクホールはアスファルトの表面がえぐれるポットホール(pot hole)よりも被害がはるかに大きくなる恐れがあるからだ。

政府や地方自治体は、シンクホールについて「その場しのぎ的」な措置に終わるのではなく、根本的な対策を立てなければならない。まず古い上下水道管の実態を把握しなければならず、壊れていた場合は交換しなければならない。破損した上下水道管の交換は、シンクホールを予防するだけでなく上下水道の効率を上げるためにも緊急な措置だ。

地下水の流出も、もはや深刻な問題と考えなければならない時になった。昨年ソウル市では各種工事によって一日平均17万8000トンの地下水が流出した。無分別な地下空間の開発で、地下水の流出は毎年加速化している。これを放置すれば地盤沈下やシンクホールの発生につながって大事故の原因となる恐れがある。大型地下工事の際に地下水に及ぼす影響をあらかじめ評価して地下水が流出した分だけ補充するようなシステムを導入する案も検討に値する。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP