주요 기사 바로가기

第2ロッテワールド低層階、来月の臨時オープン不許可

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.07.18 09:47
0
ソウル市が、第2ロッテワールドの低層階の臨時オープンをいったん不許可とした。8月にアベニュエル棟・カジュアル棟・エンターテインメント棟を早期オープンして本格的な営業に出ようとしていたロッテの計画は当分の間、進行が困難になった。ソウル市は17日「ロッテ側が先月提出した第2ロッテワールド低層階の臨時使用の承認申請に対して『安全・防災・交通対策』なとの不備事項を補完するよう通知する」と明らかにした。

123階建ての第2ロッテワールドは国内最大の高さ(555メートル)となる超高層ビルだ。ロッテが臨時使用を申請したのは建物の低層階部分で、ショッピングモール・アーケードなどの大衆利用施設が入っている。ロッテは今年初めに低層階をオープンさせようとしたが、鋳型落下・配管破裂・火災などの各種事故が発生して承認が延期されていた。蚕室(チャムシル)駅周辺の交通渋滞も論争になっていた。ソウル市のジン・ヒソン住宅政策室長は「低層階がオープンしても超高層タワー棟の工事が続くことを考慮し、工事現場の安全対策をさらに細かく立てなければならない」と話した。

この問題を検討してきたソウル市の市民諮問団(23人参加)は最近「第2ロッテワールドが安全・交通だけでなく石村(ソクチョン)湖水のシンクホール(sink hole、地下水流出などによる地盤沈下)問題など社会的議論が多く、低層階の臨時使用承認時に数十万人が利用することになる施設のため事前に工事安全対策や消防防災対策、交通改善対策などについての綿密な検討が必要だ」という意見を出した。ソウル市は第2ロッテワールド周辺のシンクホールについては今月21日に別に研究委託を始める。

これに対しロッテ関係者は「ソウル市が指摘した事項について相当部分の措置を終えたが、正式に補完通知がくれば早急に措置する」としつつも、シンクホール問題については「石村湖水は人工湖なので自然に蒸発する水もあり地下に入り込む量が突然多くなることもある。芳夷洞(バンイドン)一帯の多様な穴は、ロッテワールドとは無関係だということはすでに調査された」と反論している。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP