주요 기사 바로가기

【コラム】容疑者1人捕まえられない「見掛け倒し」の検察・警察=韓国(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.07.14 14:42
0
もう1つは基本がいい加減だ。捜査のABCを見過ごしていた。端的な例が兪炳彦の身体特徴の混乱だ。最高検察庁は最初、左手の中指が曲がっている特徴があるといった。そのうちに左手ではなく右手だと訂正した。警察も公開手配のビラに身長を165センチと表示しておきながら、160センチかそれ以下だと変更した。とんでもないことだ。受刑記録さえ調べれば分かった事項ではないのか。

さらに1つだけ指摘しよう。捜査には密行性が重要だ。ところで振り返ってみると首をかしげてしまう。捜査当局は興味性中心の断片的な「成果」で兪炳彦ドラマを生中継している。有機農食品だけ食べている、芸能人呼び出し、外国に亡命申請、現金20億ウォン所持、手配中に土地購入、名義の分からないプリペイド式携帯だけで300個などなど--。もちろん重要な端緒で隠すような理由もない。だが兪容疑者や助力者らに捜査の方向性をあまりに簡単に露呈しているようだ。虚を突くような戦術がなかった。「(兪炳彦が)捕まれば、(都合が悪くなる)多数の者に傷がつく。それで捕まえられないのではなく捕まえないのだ」という奇怪なデマが出回った。後手に回る捜査についての陰謀説だ。

検察は兪容疑者の親戚や救援派側近の陳述にとらわれている。彼らがかく乱・煙幕作戦を展開している可能性もある。検察は拘束令状の発給(5月22日)以降、兪容疑者が国内にいるという決定的な証拠も提示できなかった。8日後、令状有効期間が終わる。通常1週間の令状期間を60日ももらったが、再申請は普通の恥さらしどころではない。

検察・警察が昼夜苦労しているのは国民も分かる。だが捜査は結果がものをいう。黄教安(ファン・ギョアン)法務部長官、金鎮台(キム・ジンテ)検察総長、李晟漢(イ・ソンハン)警察庁長官、チェ・ジェギョン仁川地検長ら首脳部は責任を負わなければならない。国家改造よりも捜査改造がさらに急務だ。奮発せよ。そして逮捕せよ。それが自尊心回復の唯一の道だ。見掛け倒しはこれ以上、必要ない。

ヤン・ヨンユ社会エディター


【コラム】容疑者1人捕まえられない「見掛け倒し」の検察・警察=韓国(1)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP