주요 기사 바로가기

「囲碁、文化・スポーツとして広め、五輪種目に採択されなければ…」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.07.10 14:24
0
世界囲碁界は今どういう状況なのか。国際囲碁連盟(IGF)の前・現事務局長に話を聞いた。まず、2006-2013年に事務局長を務めた重野由紀2段(49)に会った。

--IGF主催の大会は成功したのか。IGFとはどんな団体か。

「IGFは家族のようだ。すべての会員国は子どものような存在だ。みんなが参加することで家族が作られる。参加がお金よりも重要だ」

--それでも問題はあったと思うが、最も大きな問題は。

「韓日中ともに国内では強い組織を持っている。しかし国家間の協力は弱かった」

--IGFが目指すべき方向は。

「囲碁を越えなければいけない。哲学とマスメディア、スポーツ、文化など多様な領域を包括する政策が必要だ」

--32年間、日本がずっと会長を務めたが。

「プラスとマイナスの両面があった。決定は容易だったが、執行は難しかった。政策決定から他国の意見を聞く必要がある」

新任のイ・ハジン3段の考えも似ていた。

--今後、IGFが進んでいく方向は。

「洪錫ヒョン(ホン・ソクヒョン)新会長は囲碁の飛躍には制度的な条件が必要だと述べた。オリンピック(五輪)種目に採択されること、2016年国際マインド大会を成功させることもその一つだ」

--方法は。

「IGFの政策の実現には国際的な協力が必要だ」

--韓日中は競争に慣れているが。

「しかしこの数年間はともに三国棋院会議に積極的だ。協力の雰囲気が強まっている」

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「囲碁、文化・スポーツとして広め、五輪種目に採択されなければ…」

    2014.07.10 14:24
    뉴스 메뉴 보기
    重野由紀氏(左)、イ・ハジン氏(右)
    TOP