주요 기사 바로가기

<W杯サッカー>泣くブラジル…コロンビアのスニガは怯えている(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.07.10 09:52
0
1-7。サッカーの国ブラジルが、野球のスコアのような点数でドイツに敗れるという屈辱を味わった。熱いサッカーの国は、氷のように冷静なドイツサッカーに完敗し、パニックに陥った。

ブラジルは9日、ベロオリゾンテのミネイラン競技場で行われたブラジルワールドカップ(W杯)準決勝で、ドイツに1-7で敗れた。前半16分にミュラーに最初のゴールを許した後、23分から6分間、クロース、ケディラなどに4ゴールを許した。試合開始から30分も経たないうちに0-5となった。特級FWネイマールが負傷で抜け、主軸DFチアゴ・シウバが警告累積で欠場したとしても、理性的に受け入れがたい結果だった。ブラジルは後半、シュールレに2ゴールを許して0-7とされたが、終了直前にオスカルが得点し、零封をかろうじて免れた。

今大会のブラジルサッカーファンのスローガンは「リベンジ1950」だった。1950年ブラジルW杯決勝でウルグアイに敗れた悔しさを晴らし、頂点に立つという意味だ。ブラジルはもともと白いユニホームを着ていたが、当時の敗戦のショックがあまりにも大きく、ユニホームの色まで変えた。ところが64年ぶりに招致したW杯でまた惨憺たる敗戦を喫した。「アゲイン1950」となったのだ。

ブラジルサッカーが1試合で7ゴールを許したのは、1934年にユーゴスラビアとの親善試合で4-8で敗れて以来80年ぶり。歴代W杯開催国の最多点数の敗戦であり、連続ホームゲーム無敗記録も42試合でストップした。1920年にウルグアイに0-6で敗れて以来、ブラジルが喫した最多ゴール差の黒星だ。

ブラジルの選手はこの日、「頑張れネイマール」という文字が入った帽子をかぶって競技場に入った。国歌が流れる間はネイマールのユニホームを持っていた。しかし感情が高まったブラジルのDFはドイツの機械のように正確なパスに対応できなかった。ドイツに前半から次々とゴールを許すと、幼いブラジルのサッカーファンは涙を流した。子どもの目を手で覆うファンも見られた。前半が終わると、多くの観客が競技場を離れた。後半、ドイツが追加ゴールを決めると、ファンはドイツ代表に向けて起立拍手をし、ブラジル代表にはヤジを飛ばした。

ブラジルのスコラーリ監督は試合後、「すべて私の責任だ。最善を尽くしたが、ドイツがあまりにも強かった」と述べ、ため息をついた。選手は衝撃的な敗戦にうなだれた。警告累積で欠場したチアゴ・シウバ(30、パリ・サンジェルマン)に代わってこの日、主将の腕章をつけて出場したダビド・ルイス(27、パリ・サンジェルマン)は「ブラジルの国民に幸せを伝えたかったが、残念ながらそうできなかった。ブラジルのサッカーファンに本当に申し訳ない」と述べながら涙を流した。7ゴールを許したGKジュリオ・セーザル(35、トロント)も「すべての選手が瞬間ブラックアウトのように目の前が真っ暗だった。選手が謝罪の気持ちを伝えるだろう」と述べた。

記録的な大勝をしたドイツ代表のヨアヒム・レーブ監督は「2006年にドイツで開催されたW杯でドイツも準決勝でイタリアに敗れた。スコラーリ監督とブラジル国民の気持ちを理解する」と労った。
<W杯サッカー>泣くブラジル…コロンビアのスニガは怯えている(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP