주요 기사 바로가기

<韓国旅客船沈没>海洋警察、昨年のセウォル号審査日に清海鎮から接待(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.07.09 13:33
0
監査院は、マニュアルによれば海洋警察の救助本部は使用可能な手段を最大限に動員して遭難船舶との交信を試みなければならないにも関わらず、そうしなかったと指摘した。直接交信の失敗で事故当日(4月16日)午前8時55分から9時27分までの32分間、セウォル号のイ・ジュンソク船長らによる乗客の甲板集合や退船指示の機会を失った。いわゆる「ゴールデンタイム」の32分間を虚しくやり過ごしたのだ。木浦(モクポ)海洋警察は午前9時10分ごろ船長と携帯電話の通話だけを2回試みて遭難通信網などによる交信は最初から試みることさえしなかった。以後、海洋警察本庁では7回にわたって木浦海洋警察に交信の試みを要求した。珍島(チンド)海上交通管制センター(VTS)は午前9時7分から9時37分まで30分間、セウォル号と単独交信して乗客が脱出することが困難な緊迫した状況をリアルタイムで把握しながらも、この事実を救助隊や救助本部などにきちんと知らせなかった。

海洋警察はまた事故当日の午前10時17分、すでにセウォル号が100度以上傾いて船が転覆状態にあっても警備艇「123艇」などに「船自体の浮力があるので落ち着いて救助すること」という指示を与え、現場をまともに把握できないまま現実とかけ離れた指示を与えていたことが確認された。

◆CCTV撤去など問題対応の隠蔽図る=監査院が監査を進める過程でも問題対応を隠そうとしていた。監査院関係者は「検察は珍島VTSがCCTVの資料を削除したというが、監査院の監査官が行った時は、まるでCCTVがなかったかのようにCCTVを撤去してしまった」と明らかにした。8日に記者会見を行ったチョン・ギリョン監査院第2事務次長は「セウォル号が出港する当日、どんな状態で出港したのか記録を確認できなかった」として「(セウォル号に貨物が) 何トン積載されていたのか、バラスト水がどの程度入った状態で出港したのか証拠や資料で確認できず、単に担当者の陳述だけで確認できた」と話した。監査院は関係者40人の懲戒要請を検討し、接待授受など不正関係者5人は検察に捜査を要請したと明らかにした。監査委員会の議決を経た最終的な監査結果は8月中旬に出てくる予定だ。
<韓国旅客船沈没>海洋警察、昨年のセウォル号審査日に清海鎮から接待(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP