주요 기사 바로가기

【コラム】“大統領病”が問題だ=韓国(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.07.01 11:00
0
国家百年の大計である教育の責任を負うべき人は、あらゆる不正・腐敗疑惑に悩まされている。論文盗作だけでいったい何件になるか分からない。そのような人にどうして私たちの子供の未来を任せられるのか。経済民主化は大統領の代表公約の1つだった。それを先頭に立って無力化し、不動産を通した景気浮揚に没頭する人が経済部署のトップになった時、果たしてこの国の経済は完全に回っていくのだろうか。

大統領から気付かなければいけない。胸に手を置いて思案して、自身を振り返ってみなければならない。何が誤っていたのか注意深く確かめてみなければならない。過ちは別のところあるのではない。セヌリ党常任顧問である朴寛用(パク・グァンヨン)元国会議長が中央日報とのインタビューで苦言した通り「大統領病」のためだ。大韓民国のすべてのことは自己責任のもとに成り立つべきだと信じる過分な欲、統一大統領にならなければならないという強迫観念、私は国政をうまく遂行しているが報道機関と広報チームが問題だという錯覚から、一日も早く抜け出さなければならない。

そして口を閉じ、耳は開いて他人の話を聞かなければならない。自身の限界を謙虚に認めて各界の意見を傾聴しなければならない。朝と夕、必要ならば夜の時間まで割いて人々に会わなければならない。考えやカラーが違う人の話も聞かなければならない。また責任と権限を果敢に下へと移さなければならない。辞表が受理された首相を戻して再び座らせたことは、朴大統領が見せた非正常的な国政運営のクライマックスだった。それでも元に戻せないならば、彼に力を与えなければならない。

野党も朴大統領をそれぐらい揺さぶらなければならない。政略的な目的で大統領に石を投げる暇な状況ではない。国の境遇は、あまりにも危険だ。国があって政治もあって、個人の人生もある。いくら情けない政府でも、とりあえず気を取り直して安定を取り戻せるよう助けることが国政のパートナーである野党の責任ある姿勢だ。

ペ・ミョンボック論説委員・巡回特派員
【コラム】“大統領病”が問題だ=韓国(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP