주요 기사 바로가기

【時視各角】「国家は私たちを裏切った」=韓国(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.06.25 15:46
0
江原道高城陸軍第22師団で同僚の将兵に銃を乱射して脱営したイム兵長の身柄が23日午後に確保された。軍当局はイム兵長を治療した後、犯行の動機などを調査する計画だ。全軍に対する精密診断も近く実施されるという。今後、犯行の理由が出て、処罰し、責任を取るべき人が責任を取れば、すべてのことが終わるのだろうか。

9年前を振り返ってみよう。2005年6月19日未明、京畿道漣川非武装地帯内の前方哨所(GP)で似た事件があった。キム一等兵が手榴弾を投げ、銃を乱射し、8人が死亡した。当時生き残った兵士は事件関連の調査を受けた後、軍服務を続けたが、ほとんどが外傷後ストレス障害(PTSD)という診断を受け、早期に転役した。この人たちはどのように過ごしているのだろうか。

「漣川GP銃乱射事件の生存者研究」。2011年に中央大医大臨床心理室に勤務したキム・ミンギョン博士が韓国心理学会誌に寄稿した論文だ。2009年6月から8月まで生存者19人を対象にアンケート調査と個別面談をした結果だった。

「6月になると悪夢が繰り返される、銃声が鳴る映画を見ることができない、生臭いにおいをかげない」「夜に明かりをつけて睡眠、密閉された空間が怖い、人々が当時の話を尋ねてこないかと思って避けてしまう」 「夜に眠れない、小さな声にも過敏になった、些細なことにも怒りを感じる」。

事件から4年が過ぎても、生存者は苦痛のトンネルに閉じ込められていた。19人のうち12人から深刻なPTSDの症状が確認された。事件当時のトラウマ(精神的外傷)のためだけではなかった。事件直後の1カ月間、昼夜を問わず受けた調査過程が胸の傷を深めた。「同僚が死亡した状況で疲れたという言葉も言えず、そのまま放置されていた」「左側太ももを銃弾がかすめて負傷したが、調査のために十分に治療できず膿んだ」。

調査後に心を開く同僚さえいない別の部隊に散り、状況はさらに悪化した。ある生存者は「胸を切り裂いてでもそのつらさを見せたかった」と述べた。キム博士と電話で話した。
【時視各角】「国家は私たちを裏切った」=韓国(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP