주요 기사 바로가기

朴槿恵大統領、鄭ホン原首相の辞意を返戻して留任…人事首席室新設

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.06.26 10:51
0
鄭ホン原(チョン・ホンウォン)首相(70)が留任になった。

尹斗鉉(ユン・ドゥヒョン)青瓦台(チョンワデ、大統領府)広報首席秘書官は26日午前10時の記者会見で、朴槿恵(パク・クネ)大統領が鄭ホン原首相の辞意を返戻したと発表した。

尹秘書官は「朴大統領が国政の空白を最小限にとどめ、首相人選をめぐる国論分裂を防ぐために鄭ホン原首相を留任させることにした」と明らかにした。

引き続き「聴聞会過程で現れたさまざまな問題のために国政の空白と国論の分裂が深刻」とし、「大統領はこのような状況をこれ以上放置できないと考え、苦心の末に鄭首相の辞表を返戻して国務総理として使命感持ち引き続き献身してほしいと頼んだ」と伝えた。

尹秘書官は「聴聞会通じて新内閣が構成され、政府組織法が通過すれば、鄭首相と経済副首相、教育副首相が中心となって国政課題と国家改造を力強く推進していくことになる」と付け加えた。

尹秘書官はまた、問題が指摘されてきた人事検証強化のために人事首席秘書官室を新設することを発表した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP