주요 기사 바로가기

「首相留任はセウォル号惨事の責任回避」…朴大統領の苦悩の決断にも批判の声(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.06.27 15:10
0
野党は特に世論集め式人事検証に不満を持つ朴大統領が人事聴聞会という検証権限を握っている国会に対して鄭首相留任というカードで迂回的に不満を表わしているものと疑っている。

正義党の魯会燦(ノ・フェチャン)前議員は自身のツイッターに「鄭首相の留任は首相内定者を相次いで自主辞退させた国民世論に対する朴大統領の報復人事」とし、「食べ物が傷んでいるようだといいながら、料理のやり直しをさせたら食べ残した料理を出すようなもの」というコメントを載せた。同党の李貞味(イ・ジョンミ)報道官も「驚きそのもの」とし、「数百人の命を奪ったセウォル号惨事に対して責任を負って内閣辞退を求めた国民に宣戦布告をしたも同然だ」と非難した。

同日、李錫玄(イ・ソクヒョン)国会副議長の招きで与野党重鎮が昼食会を持った席でも鄭首相の留任決定が理解できないという野党議員の非難発言が続いたという。昼食にはセヌリ党からは鄭甲潤(チョン・ガプユン)国会副議長、李完九(イ・ワング)院内代表、黄祐呂(ファン・ウヨ)、李仁済(イ・インジェ)、鄭宇沢(チョン・ウテク)、陳永(チン・ヨン)議員などが、新政治連合からはキム・ハンギル、安哲秀代表と朴映宣院内代表、ウ・ユングン政策委議長、文喜相(ムン・ヒサン)、元恵栄(ウォン・ヘヨン)、柳寅泰(ユ・インテ)議員などが参加した。

セヌリ党内の雰囲気は微妙だ。親朴系統主流は朴大統領の決定の肩を持って事態を揉み消そうとし、非主流の一部では金淇春(キム・ギチュン)秘書室長責任論を再び取り上げている。党代表選挙戦に出た徐清源(ソ・チョンウォン)議員は「国民の要求に応じたものか考えてみなければならないが、人事権者の苦悩も考慮すべき状況」とし、「うまくできたことよりもできないことから貴重な教訓を得られるというから、(鄭首相が)心機一転して国政に努力してくれることを願う」と述べた。金武星(キム・ムソン)議員も同日、議員会館で記者と会って「誤った聴聞会文化のためにやむを得ず起きたことだと考えている。大統領の苦悩についても十分に理解している」と述べた。

しかし非主流議員は冷たい反応を見せた。党代表選挙戦に出た再選の金栄宇(キム・ヨンウ)議員は記者会見を自ら求めて「人事がいかに難しいといっても、責任を取り離れようとした首相を再び留任させるのは責任回避で、誰も責任を負わない政府という批判を受けるだろう」と強調した。あわせて「青瓦台は社会的混乱と葛藤を解消する責任がある」とし、「金淇春室長は首相人事に関連しては無限の責任を負わなければならない」ともした。ある再選議員も「これといった代案がないことは理解するが、国民の常識ではすぐには受け入れ難いだろう」としながら、「鄭首相留任が7・30再・補欠選挙にも与党に不利な影響を及ぼしかねない」と憂慮した。
「首相留任はセウォル号惨事の責任回避」…朴大統領の苦悩の決断にも批判の声(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP