주요 기사 바로가기

<W杯サッカー>試合でプレーできず感覚落ちた欧州派…韓日の不振原因

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2014.06.27 10:52
0
「とにかく欧州に行けばいいというものではない」。韓国と日本のワールドカップ(W杯)不振を通じて得た教訓だ。

韓国と日本は今回のブラジル・ワールドカップでそろって2敗1引き分けで組最下位に終わり組別リーグから脱落した。

実際のところ、大会を控えて2チームに対する期待は大きかった。何よりもメンバーがそうそうたる布陣だった。欧州ビッグリーグでプレーする選手が過去に比べて格段に増えた。韓国はベスト11のうち、GKと右フルバック、中央MFのひとつ程度を除けばすべて欧州派で固めることができるほどだった。日本も香川真司(マンチェスター・ユナイテッド)や本田圭佑(ACミラン)らが布陣した。彼らは欧州リーグでプレーしながら先進サッカーの流れを身につけている。トップクラスの選手を体で相手した経験は大きな資産だ。欧州や南米チームに対する漠然とした恐怖もない。

しかし問題は試合感覚だった。韓国は朴主永(パク・ジュヨン、アーセナル)や池東源(チ・ドンウォン、アウクスブルク)、金甫ギョン(キム・ボギョン、カーディフシティ)らが昨年のシーズン試合であまりプレーができなかった。ワールドカップを控えて、体づくりでそれなりに努力はしたものの期待以下だった。体が非常に重かった。これは日本も同じだった。代表的なのは「香川真司はいなかった」と言われていたことだ。

もちろん欧州は先進リーグだ。機会があるならば出て行くのは歓迎だ。しかし着実に出場を摸索できるチームなのかしっかりと確認することが重要だ。例えばベンチの可能性が高いビッグリーグと主戦が有力な中小リーグのうち、選べるなら後者を検討するのもひとつの方法だ。同じリーグならばネームバリューが少し落ちても出場機会の多いチームに行くのがよい。ベンチを長くあたためそうならレンタルなど他の方法を積極的に速いうちに検討しなければならない。

サッカー選手はプレーしなければならないという単純な命題に今一度気づかせてくれるようなワールドカップだった。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP