주요 기사 바로가기

書芸は韓日中の東洋魂の母体…「公共外交で大きな役割果たす」(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.06.17 18:07
0
芸術の殿堂のイ・ドングク書芸部長は、書芸博物館リニューアルの経過報告をして「一種の書芸専用場となる革新的な変化」と説明した。総予算180億ウォンをかけて来年10月末に工事が終われば現在の面積の2倍になる展示場は、博物館と美術館を融合した空間に変貌し特殊収蔵庫や講義室も拡張されて、世界に1つだけの書芸博物館として新たに出発することになる。

談笑を交わした参席者らは、これまでのけもの扱いで文化系の末席を占めていた書道人の誇りを高める「書芸振興法」を制定しようと口をそろえた。キム・チャンドン氏が韓国起源の各種文字を全て書いてくれたと紹介したソン・ギョンシク氏は「ホン委員長が韓国起源の総裁を務めているのだから、囲碁と書芸の融合を成し遂げてほしい」と激励した。

第4回書芸振興政策フォーラムは20日午後2時からソウル芸術の殿堂カンファレンスホールで開かれる。「小学校の放課後書芸教室の実践事例の分析と活性化案の摸索」をテーマに全北(チョンブク)大学中国文学科のキム・ビョンギ教授が基調提案を行って、韓信小学校放課後書芸学校の指導教師が事例発表をする。また最近、書芸科廃止の危機に瀕している圓光(ウォングァン)大学事態についてヨ・テミョン圓光大書芸文化芸術学科長が「書芸科の廃止は必ず撤回されなければならない」との要請文を出す予定だ。問い合わせは02-580-1660。
書芸は韓日中の東洋魂の母体…「公共外交で大きな役割果たす」(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    書芸は韓日中の東洋魂の母体…「公共外交で大きな役割果たす」(2)

    2014.06.17 18:07
    뉴스 메뉴 보기
    書芸振興委員長に推戴されたホン・ソクヒョン中央日報・JTBC会長が書芸振興委推進委員長をつとめたチェ・ジェチョン国会議員にチョン・トジュン氏の作品を贈呈した。
    TOP