주요 기사 바로가기

書芸は韓日中の東洋魂の母体…「公共外交で大きな役割果たす」(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.06.17 18:03
0
「片手にスマートフォン、もう片方の手で筆をとろう!」。書芸中興のために一つになった書人たちが誓った一言だ。13日午後、ソウル汝矣島(ヨイド)の国会韓国愛斎に集まった書芸界の重鎮・関係者たちは、21世紀の東アジア時代を後押しする力として「書芸精神」を掲げた。韓国の書芸・中国の書法・日本の書道は、漢字を土台にした韓日中の3国の歴史を貫く東洋魂の母体だとして集まった。

この日の集いは昨年11月に国会で初めて開かれた後、3回にかけて行われた「書芸振興政策フォーラム」の1つの決着をつける場であった。半年余りの間に、芸術の殿堂書芸博物館リニューアルのための予算を確保し、書芸作家支援政策の法制化を公論化するなど低迷する書芸界を立て直す大きな一歩を踏み出した。チェ・ジェチョン国会議員が推進してきた「書芸振興委員会」の初代委員長としてホン・ソクヒョン中央日報・JTBC会長(65)が推戴され、9月19日に創立総会を開くことになったのも貴重な収穫だ。4つの書芸団体が韓国書芸団体総協議会として心を一つにして、書芸の未来に向けた声を出すことになった現場は、温かい空気に包まれていた。

こうした雰囲気に乗ったように書壇の重鎮であるヤン・ジンニ氏(86)は「書芸大振興のためには本当に慶事の日だ」と喜んだ。これに呼応するように委員長職を引き受けたホン・ソクヒョン会長は「書芸振興のために助力を尽くしたい」として挨拶の言葉を続けた。「書芸は今、韓国社会の性格改造と対外公共外交の増進に大きく寄与できる宝物だ。海外に出てみると、私たちが持つ伝統のうちで禅・囲碁・書に外国人の関心が大きい。今後、東アジアを代表する書芸の祝典や学術大会を作って私たちが持つこの大切な精神を広めるよう努めたい」。
書芸は韓日中の東洋魂の母体…「公共外交で大きな役割果たす」(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    書芸は韓日中の東洋魂の母体…「公共外交で大きな役割果たす」(1)

    2014.06.17 18:03
    뉴스 메뉴 보기
    書芸振興委員会は小学校の放課後の書道教室を、核心事業として推進する計画だ。写真は書芸教室を運営しているソウル韓信小学校の実習現場。(写真=芸術の殿堂書芸博物館)
    TOP