주요 기사 바로가기

【コラム】抗日「白頭血統」金正恩、対日関係正常化どこまで

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.06.04 15:12
0
北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)第1書記が騎虎の勢い(一度虎の背に乗ると、降りれば食い殺されるため最後まで走り続けなければならないという意味)という局面だ。日本の安倍政権と対北朝鮮制裁解除と拉致日本人問題を対等交換するビッグディールに合意したのだ。金正恩は勢いに乗って富士山を越えようとしているようだ。父・金正日(キム・ジョンイル)総書記が12年前、小泉元首相に会って解決できなかった宿題を解く心づもりであるように見える。

何より執権3年目の初めての外交パートナーに日本を選択したのが目を引く。「北東アジアで友人のいない金正恩と安倍の2人が手を取り合っただけ」(2日、韓国政府当局者)という“平価切下げ”もあるが、結果を速断することにはならない。もちろん北朝鮮が拉致日本人と関連したあらゆる事を打ち明けなければならない「本当の瞬間」が来るだろう。北朝鮮が約束した「特別調査委」がまともに活動するかもカギだ。それにもかかわらず、しばらく合意履行側に勢いがあるだろうという展望が優勢だ。意気投合の算法がどうであれ双方ともがお互いを切実に望んだためだ。

ところで金正恩の立場では悩みになる大きな課題がある。北朝鮮の政権基盤である「抗日」の旗をどのように降ろすべきかという問題だ。祖父の金日成(キム・イルソン)が朝鮮民主主義人民共和国を樹立(1948年9月9日)し、前面に出したイデオロギーと日朝修交という現実の調和だろう。事実、金日成はいわゆる抗日闘争革命エピソードを作るために操作と美化・誇張などの過程を経なければならなかった。ソ連軍将校時代の1941年に兵営で産んだ息子・金正日の出生年度を変えて「白頭山(ペクトゥサン)密林の野営地(密営・秘密キャンプ)」出身としたのも同じ脈絡だ。

生母・高英姫(コ・ヨンヒ)にまつわる「親日行跡」論議は金正恩政権のアキレス腱になりえる。1952年に大阪で生まれた高英姫は10年後に北送船に乗って元山(ウォンサン)港に到着する。北朝鮮で「チェポ」(在日同胞を卑下した表現)と呼ばれる北に送られた在日韓国人になったことだろう。金正日は万寿台芸術団の女優出身の高英姫との間に2男1女を産む。このような内部事情を看破した一部党幹部と住民の間では「元帥様(金正恩を指す)は白頭血統でなく富士山筋」と皮肉る言葉がうわさが立っているという。金正恩執権2カ月で2012年2月13日付労働新聞に高英姫を「平壌(ピョンヤン)の母」と美化する偶像化を試みて秘かに治めたのもこのような背景のためであると分析される。「最高指導者の母」である高英姫のベールをはがすには時期尚早という判断だろう。

最近では高英姫の父、高京沢(コ・ギョンテク)が日本軍需工場幹部として働いた事実が明らかになった。対北朝鮮情報関係者は「朝鮮総連等を通して高英姫関連の日本行跡消すのに出たが軍需工場が秘密に送ってきた資料が最近公開されたもの」と耳打ちした。済州(チェジュ)出身である高京沢は日帝時代の1929年に日本に渡り陸軍省が管轄する広田軍服工場に入る。北朝鮮の主張の通りであれば、金日成が抗日闘争で対抗した日本軍の軍服を作ったのが嫁・高英姫の父親ということになる。脱北者1号博士である世界北朝鮮研究センターの安燦一(アン・チャンイル)所長は「抗日の革命伝統を親日の外交政策に変えるには金正恩の悩みが大きいだろう」とコメントした。富士山の負担を払い落とすにはいっそ高英姫を「漢拏山(ハルラサン)出身」として紹介する方が良いだろうという診断だ。

北朝鮮もいつまでも反日・反米の教義に閉じ込められて生きることはできないだろう。「1世紀に2つの帝国主義、日・米に打ち勝った」という金日成神話を捨てる時になったということだ。金正恩はすでに執権初期にミッキーマウスが登場する公演を観覧し、全米プロバスケット協会(NBA)出身のデニス・ロッドマンを平壌に招請した。労働党幹部と住民らがその衝撃から抜け出せずにいる状況で金正恩式対日接近の信号弾が打ち上げられた。金正恩の「富士山探険」がどんなルートを辿ることになるのか見守るべきところだ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    【コラム】抗日「白頭血統」金正恩、対日関係正常化どこまで

    2014.06.04 15:12
    뉴스 메뉴 보기
    キャプション=北朝鮮が金日成の「抗日闘争」の証拠とした写真(右)。崔賢〔チェ・ヒョン、崔竜海(チェ・ヨンヘ)労働党秘書の父親〕が中央に位置する左の原本写真から右の安吉(アン・ギル)を左に移して金日成が中央に来るように操作した。(中央フォト)
    TOP