주요 기사 바로가기

ソウルの大型マートでも…相次ぐ火災事故=韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.05.28 10:09
0
始興(シフン)の始華(シファ)工団火災に続き、全羅南道長城(チョンラナムド・チョンサン)療養病院、東大門(トンデムン)ホームプラスまでと火災事故が相次いでいる。

27日午後5時55分ごろ、京畿道始興市正往洞(キョンギド・シフンシ・チョンワンドン)の始華工団内の廃棄物処理企業で火災が起きた。この日の始華工団火災は、近隣消防署の装備と人材を動員する広域1号が発令されて2時間半後に鎮火した。フォークリフト運転者が2度の火傷を負って病院で治療を受けている。

28日午前12時半ごろには長城の療養病院で火災が起こって認知症の高齢患者や看護職員ら21人が煙にまかれるなどして亡くなった。患者の大部分は認知症や脳血管障害など老人性の重症疾患を患う60-80代の高齢者たちで、(徘徊などを防ぐために)手足が縛られていて惨事を避けられなかったと伝えられた。

同日午前9時35分現在、ソウル龍頭洞(ヨンドゥドン)ホームプラス東大門店では駐車場で火災が発生して鎮火作業を始めている。まだ正確な事故の経緯は把握されていない。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP