주요 기사 바로가기

中露、5600字の共同声明…日米に対抗し事実上の同盟宣言(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.05.22 08:24
0
20日夜、上海で開かれたアジア信頼醸成措置会議(CICA)首脳会議の夕食会会場。参加した46カ国と国際団体指導者の目が1カ所に集中した。食卓の上に広げられた34メートルのシルクの帯。ラクダや万里の長城が描かれたこの黄色いシルクは、中国の習近平国家主席が唱えた「シルクロード経済圏」を意味した。北方と海上シルクロード経済圏を構築し、アジア地域の協力を強化し、これを新しい領域内の安保体制へと発展させるという中国の布石だ。その中でも核心はロシアだ。

習主席は20日、プーチン露大統領との首脳会談で、シルクロード経済圏の意味を説明し、北東アジアの新しい領域内の秩序誕生を知らせる共同声明を引き出した。米国と日本の同盟に単独で対抗してきた中国がロシアと連合する新しい北東アジアの秩序だ。

両首脳が会ったのは昨年3月の習主席の就任後7回目となる。会談後に発表した声明は25項目・5600字にのぼる。声明内容は「同盟」宣言と変わらない。

まず両国が内政干渉に反対し、一方的な制裁政策と他国の憲法秩序変更活動支援を中断すべきだという内容が関心を引く。中国の領土紛争とウクライナ事態に対する米国の介入を放置しないという示唆だ。日本の憲法改正を通じた再武装に前向きな立場を見せた米国に対する警告の意味もある。

日本に対しては戦後の秩序を破壊するなということだ。声明は「両国は来年、反ファシスト戦争および中国人民の抗日戦争勝利70周年記念行事を共同で行うことにし、(日本の)戦後国際秩序破壊を容認しない」と警告した。

インターネット安全問題にも言及したが、これは最近米国が中国現役将校5人をハッキング容疑で起訴したことへの共同対応を予告したとみられる。

声明はエネルギーに続きインターネットと先端技術分野でもパートナー関係が構築されたことを伝えた。エネルギー分野で、ロシアは2018年から30年間、中国に年間380億立方メートルの天然ガスを供給することにした。これは中国の消費量の23%、露ガスプロムの輸出量の16%にのぼる数値。契約規模は4000億ドルにのぼると、海外メディアは伝えた。またロシアは700億ドルを投資し、東部地域の天然ガスを中国に輸出するための新しいパイプラインを建設することにした。
中露、5600字の共同声明…日米に対抗し事実上の同盟宣言(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP