주요 기사 바로가기

中露、史上最大の合同軍事演習

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.05.21 08:31
0
中国とロシアが、新・蜜月期を迎えた。両国は大規模な合同海上軍事演習と400兆ウォン(40憶円)を超える天然ガス供給の契約締結予定で、これまでになく厚い関係を誇示した。中露は、米国の対外政策に反対するという共通点を持っている。中国は日本と領有権の紛争中である尖閣諸島(中国名・釣魚島)について米国が日本の肩を持ってオバマ米国大統領の「アジア重視政策(Pivot to Asia)」が中国を封じ込めようとする意図を持っているとして反発している。ロシアはクリミア半島の編入をめぐって米国と葛藤を生じさせている。

中国とロシアは20日から26日まで尖閣諸島がある東シナ海で史上最大の合同軍事演習を実施している。中国国防省によれば14隻の艦船と2隻の潜水艦、9機の航空機、6機のヘリコプターが動員されて、実戦をほうふつとさせる防御・攻撃と捜索・救助、拉致された船舶の救助作戦などを行う。オバマ大統領が先月、日本を訪問して「尖閣諸島が日米安保条約の適用対象になる」と明らかにしたことに対して、中露が合同で武力示威を行うというものだ。両国の局地戦級の合同演習は2005年から続いてきたが、国家間の戦争規模の大型演習は初めてだ。

中国の習近平国家主席とロシアのプーチン大統領は20日、「アジア交流および信頼構築会議(CICA)」首脳会議の開催地である中国の上海で会談し、エネルギー・交通・インフラなど49の協力協定に署名した。この会談で両国間は「全面的な戦略協力パートナー関係」を一層高い水準に引き上げることで合意した。会談後に発表した共同声明ではクリミア半島と韓半島(朝鮮半島)の政治・軍事的緊張に対する憂慮を表明し、北核解決のための6カ国協議の再開を促した。引き続き両首脳は、合同軍事演習の開幕式にそろって参加した。両国首脳が開幕式に参加したのも初めてだ。中国人民網によれば習主席は昨年3月、国家主席に就任して以降15カ月で7回もプーチン大統領に会った。

中国とロシアは天文学的規模の天然ガス同盟も結ぶ予定だ。期間は今後30年、行き来するガス代金は4000億ドルと推定されている。18日にロシア国営ガス会社のガスプロムのアレクセイ・ミラー会長と中国石油天ガス公司(CNPC)の周吉平会長が会って実務交渉を終えた。

こうなるとロシアは2018年から中国に年間最大380億立方メートルの天然ガスを供給することになる。中国消費量の23%、ガスプロム輸出量の16%に相当する量だ。

今回の天然ガス同盟は、米国がウクライナ事態を機にシェールガスを比較的安価で欧州に供給すると宣言する中で急速に推進された。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP