주요 기사 바로가기

<韓国旅客船沈没>内閣総辞職論まで…「国家改造次元の改編を」(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.04.23 09:24
0
5選目の鄭義和(チョン・ウィファ)議員は「官僚社会がますます雇用保障されて、部署から退職後に天下り機関へ行くような形態が繰り返されれば、善良な人々が不利益を見る社会となる」として「官僚社会が“牧民官”(民を治め育てる役人)の精神に戻るきっかけを作る改閣になるべきだ」と注文した。

新政治民主連合の李富栄(イ・ブヨン)顧問は「数人の長官に責任を問うて終わるものではない」として「事故が起きた危機的状況別にマニュアルを作り、専門担当者をあらかじめ置いておくなどの具体的な対応策の用意と共に、公職社会が税金を無駄づかいしているとの話を聞かないよう、システムを変えようとする努力が必要だ」と強調した。

イ・ネヨン高麗(コリョ)大学教授も「不誠実さの発生原因である誤った慣行と無責任を根本的に改革しなければならない」として「政府のシステムを効率的に運営できる改閣になるべきだ」と忠告した。

朴槿恵大統領は21日、首席秘書官会議でも繰り返し「国民が公務員に不信感を持って、責任行政をできずにいるという非難をするならば(不信を受ける公務員は)存在理由がない」と明らかにした。青瓦台(チョンワデ、大統領府)周辺では朴大統領が改閣を検討しているという話が出回っている。

◆趙応天(チョ・ウンチョン)辞表、ヨン・チェウク交代=こうした雰囲気の中で青瓦台民政首席室の趙応天・公職規律秘書官がこのほど辞表を提出した。最近、公職規律チーム内部文書が外部に流出して物議をかもしたことへの責任を取って辞表を出したという分析だ。国軍サイバー司令部の政治関連コメント関与疑惑で議論になったヨン・チェウク(陸軍士官学校38期・所長)青瓦台国防秘書官も交代となった。オク・ドギョン現国軍サイバー司令官も退く。
<韓国旅客船沈没>内閣総辞職論まで…「国家改造次元の改編を」(1)

【特集】韓国旅客船「セウォル」沈没事故


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP