주요 기사 바로가기

<韓国旅客船沈没>朴大統領「地位問わず民・刑事責任を問う」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.04.22 08:42
0
朴槿恵(パク・クネ)大統領は21日、セウォル号沈没事故と関連して「保身のために表情だけをうかがうような公務員たちは、韓国政府から必ず退出させる」としながら「その理由や事情を全国民に詳しく知らせ、保身のための振る舞いではその地位を守らせない」と話した。

朴大統領は青瓦台(チョンワデ、大統領府)で首席秘書官会議を主宰する席で「国民が公務員に不信感を抱き、責任行政をできずにいるとの非難をするならば、(公務員は)その場にいる存在理由がない」としてこのように明らかにした。朴大統領は「法と規定を破ってマニュアルを無視して事故原因を提供した人々、沈没過程で果たすべき義務を違反した人々、責任を放棄したり不法を黙認したりした人々を含め、責任あるすべての人々に対して地位の上下を問わず民事・刑事上の責任を問わなければならない」と述べた。朴大統領が事故収拾後に公務員たちへの責任の有無を徹底して問うという意向を明らかにするにつれ、改閣の可能性も提起されている。

朴大統領は特に「事件発生直後、船長は珍島(チンド)海上交通管制センターからの乗客脱出指示にすぐに従わず、乗客にはその場で待機しろと言いながら自分たちは乗客を見捨てて先に脱出した」として「船長と一部乗務員の行為は常識的にとうてい納得できず、容認できない殺人に等しい行為」と指摘した。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP