주요 기사 바로가기

キャンセル・中断・延期…韓国経済も“セウォル号ショック”(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.04.22 09:19
0
流通業界は営業しているがお客はまばらだ。ある会社員は百貨店の春のセール最終日となった20日にショッピングをするつもりだった。お気に入りのブランドが50%割引という案内を先週初めに受けたためだ。しかし彼は「とうてい百貨店に行く気持ちではなく、テレビニュースを視聴して週末を過ごした」と話した。ショッピング客が減り、現代百貨店の16~20日の売り上げは昨年の同じ時期より1.2%減った。ロッテ百貨店も18~20日の売り上げが1.6%減少した。百貨店業界関係者は、「セール終盤に売り上げが減ったことはほとんどない。百貨店が事故後に販促を控えた点も影響を与えた」と話した。テレビ通販も同様だ。CJオーショッピングは週末の19~20日の売り上げが昨年同期より20%減った。家電・通信製品を買う消費者も減った。LG電子の直営店ベストショップの訪問客数は先週末15%減った。LGユープラスも1日平均8000人を超える新規加入者が7100人に減少した。

旅行業者とゴルフ場は直接的な影響を受けている。ハナツアーの場合、先週末に1700人余りが国内旅行をキャンセルした。ハナツアー関係者は、「国内修学旅行と船で行く日本旅行はほとんどがキャンセルされた」と話す。首都圏のあるゴルフ場では土曜日の予約10件余りがキャンセルされた。

業界はこうした雰囲気が相当期間続くとみている。5月の「家庭の月」関連の予約がまばらなためだ。あるホテル関係者は「いまごろにはこどもの日と父母の日の行事の準備をしなければならないが、すべての広報業務を中断した。セウォル号が到着する予定だった済州(チェジュ)地域のホテルの状況はもっと深刻だ」と伝えた。金融業界関係者は、「こうした状況が長期化すれば景気回復に悪影響を与えないか心配だ」と話した。

 
韓国政府は市場の雰囲気を注目してはいるが、事故収拾にすべての力を注いでいる。23~24日に予定された経済関係閣僚会議と対外経済閣僚会議はすべて取り消した。玄オ錫(ヒョン・オソク)経済副首相は21日の拡大幹部会議で、「特別災害地域が宣言された安山市(アンサンシ)と珍道郡(チンドグン)に財政・税制・金融支援を迅速にせよ。事態収拾に最善を尽くすと同時に経済懸案に関連した業務・政策も細かく取りまとめてほしい」と話した。韓国銀行も23日に予定される今月の経済動向懇談会を見送ることを決めた。梨花(イファ)女子大学国際大学院のチェ・ビョンイル教授は、「これまで世界的に成功した1~2社の企業と製品に社会全体が陶酔していた。今回の事故は社会・経済全分野の制度と信頼を再び正す契機にならなければならない」と話した。


キャンセル・中断・延期…韓国経済も“セウォル号ショック”(1)

【特集】韓国旅客船「セウォル」沈没事故

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP