주요 기사 바로가기

【コラム】日帝の蛮行を告発したジャーナリストと共にした時間旅行(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.04.15 10:40
0
先週ニューヨークに行ってきた。仁川(インチョン)空港からジョン・F・ケネディ空港まで13時間の飛行時間とその分の時差はいつも忍耐の限界を試す。体を動かして可能なすべての姿勢を取ってみるが、不便で退屈なことは同じだ。やはり方法は1つだけだ。本と共にする旅行だ。どんな本に出会うかがカギだが、成功すればこれより良い方法はない。

『韓国の独立運動』という本を読んだことがある。スコットランド出身のカナダの記者フレデリック・アーサー・マッケンジーが1920年に書いた本だ。今年3・1節(独立運動)95周年を迎えて国家報勲処が彼に建国勲章独立章を追叙したのを機にその本を選んだ。マッケンジーは英国デイリーメールの極東地域巡回特派員で、日露戦争と韓国の義兵活動、3・1独立運動を現場で見守って日帝の蛮行を告発したジャーナリストだ。韓国史の教科書ごとに旧韓末(朝鮮時代末期から大韓帝国時代)の義兵の抗日闘争を説明する部分で必ず登場する写真を撮った主人公でもある。

彼の著書の中では『韓国の悲劇(Tragedy of Korea)』が良く知られているが、それに劣らず話題になった本が3・1独立運動勃発の翌年に出版された『自由のための韓国の闘争(Korea’s Fight For Freedom)」だ。国内では『韓国の独立運動』という題名でかなり以前に翻訳された。タブレットにダウンロードしたこの本と共に、せっかくの13時間の満足な時間旅行ができた。(2冊ともインターネットで原文を無料でダウンロードできる。歴史教育と英語勉強を兼ねて、青少年には一読を強く勧めたい)。

マッケンジーは列強の角逐の中、日本によって大韓帝国の国権が侵奪される過程をまず紹介している。それに対抗した韓国人の闘争を目撃談を中心に伝えた後、3・1独立運動の勃発過程を説明し、日本の無慈悲な弾圧を告発する。特に日本憲兵と警察が動員した残忍な拷問手法が被害者の証言を通じて生々しく描写される。竹や金棒で容赦なく殴り倒し、女子学生の服を脱がせて肌をタバコの火で焼いて、親指を縛ってぶら下げて意識を失うまで鞭打つなどあらゆる拷問が行われた。彼は拷問で亡くなった朝鮮人の写真を知人の米国人に見せたところ「悪夢に苦しめられて何日間も眠れなかった」と話していたとのエピソードも伝える。

マッケンジーは、銃と刃物で韓国人を同化させようとする日本の植民統治方式は根本的に誤っていたと批判する。韓国人は、そのような待遇を受ける劣等な民族ではないと話す。彼は本のあちこちで韓国人の文化的伝統と優れた資質について説明している。西欧学問を習得する若者たちの素早い吸収力に驚きを示して、韓国人の優れた適応力に賛辞を送ってもいた。また非暴力・無抵抗を前面に出した3・1独立運動は、暴動ではなく平和的デモであったとして日本の対応を糾弾した。
【コラム】日帝の蛮行を告発したジャーナリストと共にした時間旅行(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP