주요 기사 바로가기

朝鮮科挙制のような「サムスン入社試験」…雇用ミスマッチ深刻化憂慮(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.04.14 14:21
0
今年も約10万人の求職者がサムスン試験に集まると、一部ではSSATのような伝統的な公開採用制度に実効性があるのかという指摘がまた出てきている。

ソ・ミヨン・インクルート常務は「大韓民国の社会でサムスン入社が一種の朝鮮時代の“科挙及第”のように認識され、各種の社会的な問題が生じている」とし「就職を希望する求職者の切実な思いは分かるが、こうした大規模な公開採用は職務ミスマッチ問題ばかり深めるだろう」と指摘した。

ある就職コンサルタントは「歴史・人文学など多様な分野から問題が出たが、こうした類型の問題が果たして実務能力を評価する客観的な基準になるのかよく分からない」とし「以前と変わらず、必要な実務人材を選ぶための試験というより、殺到する志願者をできる限り切り落とそうとしているように映る」と話した。

試験の難易度も以前に比べはるかに難しくなり、実務能力の測定とはかけ離れているのではという指摘も出ている。特に韓国史だけでなく、ルネサンス以降の中世・近代史など世界史の領域から10題ほど出題された。例えば、17世紀に英国で起きた世界初の市民革命「清教徒革命」を取り上げ、その後に起きた歴史的な事件を選べという問題が出題された(正解:オリバー・クロムウェルの共和政)。

専門家らは一律的な「筆記試験」で就職の当落を決める現行の公開採用制度の代わりに、企業別に随時募集を活性化したり、面接や書類審査を強化する形に変わるべきだと口をそろえる。米グーグルの場合、入社志願者を相手に、多ければ10回ほど深層インタビューを行う。


朝鮮科挙制のうな「サムスン入社試験」…雇用ミスマッチ深刻化憂慮(1)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    朝鮮科挙制のような「サムスン入社試験」…雇用ミスマッチ深刻化憂慮(2)

    2014.04.14 14:21
    뉴스 메뉴 보기
    サムスンは今年前半期、約4000ー5000人を採用する計画。写真は試験場を向かう受験生。
    TOP