주요 기사 바로가기

ドイツの中小企業がうらやましい朴大統領、サムスン電子がうらやましいメルケル首相(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.04.11 10:18
0
朴大統領は10日の国家科学技術諮問会議で、「ドイツ統一前は遅れた地域だったドレスデンで、科学技術がどのように経済を革新し、雇用を創出できるかを見ることができた」とし、ヒドゥンチャンピオンを育てたドイツを見習うべき国に挙げた。

両首脳は最近、「モノのインターネット」(internet of things=生活の中のモノ同士をインターネットにつなげて情報をやり取りすること)などデジタル革新に関心が多いという共通点もある。不整脈の患者が心臓拍動機械を付着して作動させれば、心電図検査の結果が自動的に記録され、中央管制センターに伝えられる例に挙げることができる。

朴大統領は会議で、「今、モノのインターネットが大きな流れとして定着しつつある」とし「創造経済を旗幟とする我々はモノのインターネットでも成功する必要があり、製造業や従来の産業もすべて関心を持って、融合と技術を通じて生まれ変わる雰囲気になることを望む」と強調した。

製造業に強いドイツもメルケル首相が主導し、モノのインターネットと製造業を結びつけた「インダストリー4.0」を国家戦略とした。メルケル首相は先月10日、独ハノーバーで開かれた情報通信展示会「CeBIT 2014」の開幕式で演説し、米国のアップル・グーグルのような革新企業にドイツが遅れをとらないという意志を明らかにした。

ドイツとサムスンも縁がある。メルケル首相はCeBITに2011年以降毎年出席しているが、その度にサムスン電子展示館を訪問し、新製品に関心を表した。サムスンの「新経営」宣言が出たところもドイツだった。李健熙(イ・ゴンヒ)サムスン電子会長は1993年6月、独フランクフルトのホテルに200人以上の役職員を集め、「妻と子どもを除いてすべて変えよう」と演説した。
ドイツの中小企業がうらやましい朴大統領、サムスン電子がうらやましいメルケル首相(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP