주요 기사 바로가기

「万能細胞200回成功」日本の小保方氏、涙の反撃

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.04.10 08:53
0
シンデレラからみにくいアヒルに転落した日本の理化学研究所の小保方晴子研究員(30)が涙の反撃に出た。

小保方氏は9日の記者会見を自ら要望し、「新しい万能細胞である『STAP細胞』は明らかに存在し、200回以上STAP細胞を作ることに成功した」として論文のねつ造疑惑を正面から否定した。自身が所属する理化学研究所の調査委員会が「研究チームのリーダーだった小保方氏が単独で画像データを操作してねつ造する研究の不正を行った」として、自身が不正研究者であるとの烙印を押したことに反旗を翻したのだ。

71日ぶりに公式の場に現れた小保方氏は、この日の会見で終始涙を浮かべながら「論文の基本的な執筆および提示方法において、未熟で勉強不足だった点については謝罪したい」としつつも「だが決して“悪意”を持って論文を書いたのではなく(STAP細胞の存在に疑問を提起した)調査委の発表を受け入れることはできない」と主張した。彼女はこの日、理化学研究所に公式に「不服申し立て」を提起した。

小保方氏は1月、弱酸性溶液に少しの間浸す刺激だけで、どんな細胞にも変わることができる万能細胞の存在をマウス実験を通じて立証したとし、英国の科学専門誌『ネイチャー』に論文を発表した。しかし、その後STAP細胞論文の中核をなす画像資料がねつ造されたものだという疑惑が提起され、理化学研究所が研究成果を事実上無効なものとした。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP