주요 기사 바로가기

トヨタがまた屈辱…世界で27モデル639万台リコール

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.04.10 08:24
0
「リコールに次ぐリコール」。トヨタ自動車が再び泥沼にはまりこんだ。トヨタは9日、世界で639万台の車両を追加リコールすると発表した。トヨタでは2012年10月の743万台以降で最大規模のリコールだ。2004~2013年に生産された「ポルテ」「RUV4」「ヴィッツ」など27モデルが対象。「ポルテはエンジン部品の問題で火災が起こる可能性があり、RUV4は配線不良によりエアーバックが作動しないことがある。ヴィッツは運転席固定装置に問題が見つかった」と国土交通省が理由を伝えた。トヨタは該当車種を無償で修理・交換する予定だ。対象となるのは米国で230万台、日本で109万台、欧州で81万台、中国で6万台など。韓国トヨタ関係者は、「日本本社から韓国市場で販売された車両に該当はないと伝えてきた」と話した。

トヨタのリコール決定は今年に入ってから2度目。2月に「プリウス・ハイブリッド」190万台を電力制御装置の欠陥を理由にリコールしている。この日日本の証券市場でトヨタの株価は前日より3.1%下がった。

ゼネラルモーターズ(GM)、トヨタに続き、ホンダ、フォードまで、リコール問題は全自動車業界に広がっている。ロイター通信は、「迅速で自発的な大規模リコールが頻繁になっている。対応が遅れたリコールで大変な目に遭った2010年のトヨタと最近のGMの事例を経験したため」と分析した。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP