주요 기사 바로가기

現代・起亜自動車の営業利益率、トヨタに追い越される

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.09.23 10:21
0
現代(ヒョンデ)・起亜(キア)自動車が上半期の営業利益率順位でトヨタに世界2位の座を明け渡した。韓国市場でシェア70%を割り込んで1カ月もたたずに再び聞こえてきた憂鬱な便りだ。最近になり現代・起亜自動車の停滞の兆しを見せる統計数値が相次いで発表され、低い生産性と引き伸ばされた新車発売周期に根本的なメスを入れなければより大きな危機を迎えるとの指摘が大きくなっている。

自動車業界が22日に明らかにしたところによると、現代・起亜自動車は上半期に8.9%の営業利益率を記録した。100ウォンを売った時8.9ウォンを利益として残したという話だ。もちろん業界全体でみれば世界3位に相当する高い数値だ。問題は勢いが弱まっているという点だ。現代・起亜自動車は昨年上半期には10.5%の営業利益率を記録し、BMWに次いで世界2位だった。

現代・起亜自動車を押さえたのはトヨタだ。昨年上半期に営業利益率5.3%にすぎなかったトヨタは今年上半期には9.6%に急騰した。他の数値も注目に値する。上半期の売り上げは1219億7300万ドルで世界1位。営業利益も117億5900万ドルで昨年上半期から97%増えた。雰囲気も良い。ここ数年間にトヨタを悩ませた大規模リコールの影響が完全に消え、円安現象で原価競争力までできた。鎖を断ち切り羽根まで付けた格好だ。

そうでなくてもこのところ楽しいことがあまりない現代・起亜自動車にはうれしくないニュースだ。現代・起亜自動車の韓国での状況は先月のシェア69.1%が端的に代弁する。勢いの止まらない輸入車のシェア上昇、相次ぐ品質議論、労組の部分ストなどにより5年ぶりに70%以下に落ち込んだのだ。現代・起亜自動車は、「部分ストによる一時的現象」とし矮小化している。しかしまさにその部分ストに象徴されるこの会社の労働生産性低下は決して一時的な問題でない。上半期も昼間2交代制施行と関連した特別勤務拒否で現代・起亜自動車の国内工場生産量は5.6%減った。

ほぼ唯一肯定的なところが中国だ。現代・起亜自動車は上半期に32%の成長率を記録し中国市場で最高の全盛期を謳歌している。年間147万台の販売目標も達成する可能性が高い。だが、これに対しても依存度がとても高いのではないかと懸念する見方がある。現在の現代・起亜自動車の中国市場販売量は全世界販売量の20%に達する。中国の成長が停滞すれば会社全体に打撃を受ける可能性が高い。まだ高級ブランドで定着していない状況で中国企業などの追撃が本格化すれば現在の位置は簡単に揺るぎかねない。これと関連し企業構造調整諮問会社のアリックスパートナーズはこのほど、「現代・起亜自動車がブランド価値を引き上げ高級車分野でも成功を収めてこそ中国市場での成功を続けていける」と指摘した。

革新マインドが落ちたのではないかとの指摘も出ている。現代・起亜自動車はこのところ既存モデルを改良した年式変更モデル以外にはこれといった新製品を出さないでいる。むしろ輸入ディーゼル車の人気に驚き生産を中止した乗用ディーゼル車を急いで発売するなど戦略面でも機敏でない姿を見せている。ある自動車業界関係者は、「2010年を前後し洪水のようにあふれたジェネシス、YFソナタ、アバンテMD、K5、ソウル、ツーソンix、スポーテージRなどはデザインやコンセプト、品質などすべての面で過去の製品とは次元が異なる革新的な製品だった。現代・起亜自動車が停滞期を抜け出すにはその当時のような革新マインドで再武装する必要がある」と話している。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    現代・起亜自動車の営業利益率、トヨタに追い越される

    2013.09.23 10:21
    뉴스 메뉴 보기
    現代(ヒョンデ)・起亜(キア)自動車が上半期の営業利益率順位でトヨタに世界2位の座を明け渡した。
    TOP