주요 기사 바로가기

出版韓流の道を開け…3日間のロンドンミッション(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.04.09 13:13
0
彼らは展示場の内外でセミナーや文学サロンなどを通じ読者・出版関係者と会う。黄皙暎氏、李文烈氏、申京淑氏のスケジュールは特に忙しく、毎日1度ずつだ。李文烈氏は「久しぶりに英国を訪問した」と期待を示した。申京淑氏は「これまで韓国文学は英語圏に紹介されにくい点が多かったが、この機会に韓国の良い文学が多く翻訳・出版され、また、そうした兆しが見え作家として非常にうれしい」と話した。申京淑氏は2011年に英訳本『母をお願い』により英米圏で大きく注目された。申京淑氏を含む多くの韓国人作家の著作権を代行するバーバラ・ジトワーは、「6月に出される申京淑氏の新作を今回のブックフェアで公開するだろう」と明らかにした。

詩人金恵順氏は、「先月私の本が英国で翻訳され出版されたが、こちらの人たちが『韓国の詩は良い』と驚いていたという話を聞いた。今回のロンドン・ブックフェアを通じ韓国の詩がたくさん紹介される契機になればと思う」と所感を明らかにした。

黄善美氏はロンドン・ブックフェアが選定した世界3人の作家(今日の作家)の1人でもある。黄善美氏の『庭を出たメンドリ』とは2月に英訳本が出版されたが、大型書店のウォーターストーンで「3月の本」に選ばれるほどに人気だ。6日にケンブリッジで読者らと会った黄善美氏は、「30人前後の出席者のほとんどが本を読んできており、かなり深い質問が続いて驚いた」と話した。

一方、7日にロンドンの韓国文化院で開かれたブックフェアレセプションではソプラノ歌手のスミ・ジョーさんがアリランとオペラアリアなどで構成された祝賀ステージを披露した。文化院関係者は「スミ・ジョーさんがブックフェアの趣旨を聞き快く賛助出演する意向を明らかにした」と伝えた。駐英韓国文化院は大韓出版文化協会とともに7日から6月14日まで「韓国印刷活字文化展」も開いている。
出版韓流の道を開け…3日間のロンドンミッション(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    出版韓流の道を開け…3日間のロンドンミッション(2)

    2014.04.09 13:13
    뉴스 메뉴 보기
    上の写真は第43回ロンドン・ブックフェア主賓国ポスター。下の写真は李文烈氏(左)と黄皙暎氏。
    TOP