주요 기사 바로가기

深刻化する韓日葛藤、「韓・日・米・中」の算段は…(2)

ⓒ韓国経済新聞/中央日報日本語版2014.04.07 16:41
0
米国…「韓中密着」防止が最大関心事(キム・ソンハン高麗大教授)=米国人は韓国が独島を実効支配しているのに、日本で独島を自国領土だと記述することがそんなに大きな問題かと見る傾向がある。しかし米国はこの頃になって、韓国と中国が過去の問題によって米国・日本と対称をなす姿に映るのを非常に憂慮している。米国の北東アジア戦略の失敗と認識されかねず負担が大きい。

米国の同盟国である韓国が中国と近づく状況を、どのように見るべきかとの議論がワシントン内ではすでにあった。「一定水準を超えた」という結論を出したために米国が韓日米首脳会談を開いて介入に出たのだ。すなわち日本には「韓日米安保協力の関係を害しない方向に過去の歴史を扱うことを望む」というメッセージを伝え、韓国には「独島は韓国が実効支配しているのだから日本の挑発にあまり敏感に反応しないほうが良い」という希望を伝えたと見ることができる。換言すれば、米国は独島問題を領土問題と見ている。しかし韓国は、日本の帝国主義の韓国強奪が独島占領によって開始されただけに歴史問題と見ている。このような差があるために韓国は米国の認識転換を促す必要がある。韓日米の協力関係を根本的に威嚇しないながらも、独島を領土ではない歴史問題として見るべきだということを米国に伝えなければならない。「日本が独島の教科書記述を変えない限り、どんな協力もできない」という強硬な立場と「私たちが独島を実効支配しているのだから教科書問題は気にしない」という実用的立場の間で、中間点を取るのが韓国の代案になりうる。すなわち「独島は韓国の歴史の一部分」という認識を維持しながらも、独島を実効支配する国として見せられる融通性とおおらかさを堅持することだ。もちろん国民感情だけを考慮すれば政府では中間的立場を取ることも難しい。したがってメディアが政府を後押しする必要がある。政府が歴史問題についての正しい認識を日本に促しながらも韓日米共助は維持して、最終目標である米国の支持を引き出せるよう身動き可能な幅を広げなければならないということだ。

中国…好材料に喜色、韓国に露骨に求愛(キム・ハングォン峨山政策研究所中国研究センター長)=中国は韓日葛藤を中国と米国の関係の枠組みとして眺めている。中国は米国が韓日米の安保協力体制に尽力するのは表面的には北朝鮮を狙ったわけだが、実質的には中国を狙ったものだと見て警戒している。このような状況で、韓国と日本が過去の歴史や領土問題で仲が悪くなるのは中国の立場としてはとても幸いなことだ。米国が主導する韓日米安保協力体制がそれだけ弱くなったり激しくなったりすれば崩れることもありうるからだ。昨年、中国を訪れた朴槿恵(パク・クネ)大統領が習近平国家主席に安重恨(アン・ジュングン)記念碑の設置を要請したが、中国はさらに一段上げて記念館を建てた。韓国が以前から要求してきたのにはっきりしない反応を見せてきたところ、昨年突然態度を変えたのは中国が韓日葛藤を米中関係の枠組みで活用しようとする意図であることを示したものだ。尖閣諸島や南京大虐殺問題などで日本と衝突している中国としては、過去の歴史や領土問題で韓国と共同対応すれば韓日米の協力体制の弱体化はもちろん、国際社会で正当性を確保できるなど多くの利点がある。

こうした中国の下心を韓国政府もよく分かっている。それで過去の問題で中国と同じ立場に立つことを超えて戦略的問題まで協調する状況に進まないようにとても気を付けている。米中の間でバランスをとるために努力している。盧武鉉(ノ・ムヒョン)政権が追求した「北東アジアの均衡者」ではなく、変化する北東アジア構図の中で韓国の安保の均衡点を見出して国益を確保するということだ。今後しばらく日中関係は悪いだろう。ここでの反射利益を韓国は得なければならない。中国で日本商品に対するイメージが良くないだけに、韓国商品が確固たる地位を占める機会として活用しなければならない。付け加えるなら、韓国と中国が過去の歴史に限って共助をしても、日本の変化を引き出すことは難しいだろう。中国は、日本が過去の歴史妄言をすれば自国民を団結させて中国共産党の正統性を維持するのに役立つ面もあるので、あまりにひどく日本を圧迫するつもりはないという点を留意する必要がある。

(中央SUNDAY第369号)


深刻化する韓日葛藤、「韓・日・米・中」の算段は…(1)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP