주요 기사 바로가기

「朴大統領、正しい歴史認識と韓日米共助の基礎強調すべき」(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.03.24 08:46
0
朴槿恵(パク・クネ)大統領と日本の安倍晋三首相が、朴大統領就任後初めて25日にオランダのハーグで1つのテーブルにつく。日本の右傾化と歴史わい曲の動きの中、両国間の葛藤が深くなった状況で米国の仲裁により韓日米3カ国首脳会談の形を取った。安倍首相は23日、出国の際に「朴大統領とは初会談だが、未来指向的な韓日関係に向けた第一歩になれば良い」と話した。彼は「オバマ大統領、朴大統領と東アジア安全保障について率直な意見交換をしたい」としてこのように話した。

専門家たちは今回の韓日米首脳会談について「絡みに絡んだ韓日関係を解くことができるモメンターム」と口をそろえる。ユン・ドクミン国立外交員長は23日「米国の仲裁で、安倍首相が河野談話を受け入れる意向を見せた後に会議が開くということは意味がある」と話した。「現状況では韓日米の首脳が一緒に集まるということ自体が3カ国共助復活を意味する」ともいった。

西江(ソガン)大学のキム・ヨンス教授(政治外交学)も「核という名分と、韓日米3カ国という形式を備えることになったことが幸運」としながら「朴大統領と安倍首相の2人だけで会えば自尊心のためにできない話もできるため、行き詰まった関係の突破口が用意される可能性がある」と予想した。

韓日関係の改善は両国の「ウィンウィンゲーム」だ。経済的な利害関係はもちろん、日本としては軍事力を膨張させてきている中国の牽制のためにも韓国が必要だ。北核問題の解決と統一基盤の造成を図っている韓国としては、日本を含めた周辺国の支援が必須だ。専門家たちは、対話の転機が作られただけにこの火種を生かせなければならないと強調する。

まず簡略な形式の別途の会談を通してでも、韓日首脳間の疎通の契機を整えることが重要だという提案が出ている。延世(ヨンセ)大学のムン・チョンイン教授は「すべての問題の根源は安倍首相にある」として「両国の官僚水準ではいくらやっても解決できない問題だけに、3カ国会談が終わった後でも、朴大統領が安倍首相と直接疎通すれば良い」という希望を示した。
「朴大統領、正しい歴史認識と韓日米共助の基礎強調すべき」(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP