주요 기사 바로가기

父・朴正熙は経済、娘・朴槿恵は統一…半世紀つなぐ「ドイツ縁」(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.03.20 10:55
0
「今回ドイツ政府の要人に会って『あなたの国はどうやって、このようなライン川の奇跡を成し遂げたのか』と尋ねたところ、その方は『奇跡というのは、とんでもない声だ。それは私たちのドイツ国民が血と汗を流した努力の結晶であって、絶対に経済建設に奇跡というのはありえない』ということを異口同音に話していた。それは事実だ。奇跡というのはありえない。人の努力と血の汗を流した代価なしには奇跡というのはありえない。私たちの祖国を再建するのも、どんなに私たちに近い友邦国が私たちを助けてくれて、私たちがもう少し良い暮らしができないかという、他人に寄り添う依頼心・射倖心、こういうものが今日の私たちの祖国を近代化させる上で1つの癌(がん)的な要素だと私は確かに指摘する」。

当時この現場にいた元ドイツ派遣鉱夫総連合会副会長のクォン・イジョン韓国教員大学名誉教授(74)は「『東海(トンヘ、日本名・日本海)の水と白頭山(ペクトゥサン)が~』と愛国歌が始まると、あちこちで泣き声がもれて皆が喉をつまらせて愛国歌をまともに歌えなかった」として「昨年、朴大統領就任式の時に招待されて壇上で愛国歌を歌った時も涙が出て、とても歌えなかった」と回顧した。朴前大統領のそばにいた陸英修(ユク・ヨンス)女史は、ハンカチを取り出してずっと涙をぬぐっていた。

統一大チャンスの夢を実現しようとする朴槿恵大統領は、ドイツ統一過程をベンチマーキングするところだ。また、ベルリンを訪問して今は崩れたベルリンの壁を見て回る予定だ。50年前に朴元大統領は鉄条網が張られたベルリンの壁を見ながら「障壁の向かい側の暗いもう1つの世界を仰ぎ見て、我が国の休戦ラインと板門店(パンムンジョム)を連想した」として「この障壁が撤去されてすべてのドイツの人が思うままに通い、思うままにに話して自由を享受することができるその日が、一日も早く到来することを心から祈念しながら、その時は私たちもそうならないかという漠然とした夢を描いてみた」と話した。青瓦台(チョンワデ、大統領府)関係者は「朴大統領が、韓国よりも先に統一を成し遂げたドイツで『統一の夢』を国民に明確に提示することになるだろう」と明らかにした。朴大統領はまた、フランクフルトで同胞懇談会を開いて、すでに白髪の老人になったドイツ派遣鉱夫や看護師らとも会う。

◆史上最大105人の経済使節団同行=朴槿恵大統領の今回のドイツ訪問には、史上最大規模である105人の経済使節団が同行する。使節団の68%(71人)は中小・中堅企業家だ。産業部関係者は「国内の中小企業と世界的な技術競争力を保有するドイツの『隠れたチャンピオン』企業の協力が活発に議論されることを期待する」と話した。
父・朴正熙は経済、娘・朴槿恵は統一…半世紀つなぐ「ドイツ縁」(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    父・朴正熙は経済、娘・朴槿恵は統一…半世紀つなぐ「ドイツ縁」(2)

    2014.03.20 10:55
    뉴스 메뉴 보기
    朴正熙(パク・チョンヒ)元大統領が西ドイツ訪問直後である1965年3月にドイツ派遣鉱夫ミン・ソククン氏に授けた勤労褒章。当時、西ドイツのハムボルン鉱山で働いていたクォン・イジョン韓国教員大学名誉教授が、ミン氏から譲り受けた褒章証を公開した。(写真=クォン・イジョン名誉教授)
    TOP