주요 기사 바로가기

パリの人々を魅了…小さいが洗練された韓国建築(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.02.28 14:50
0
漢陽大建築学科のチョン・インハ教授とともに共同キュレーターとして参加したキャロリン・マニアク教授は昨年12月、訪韓して建築家10チームにインタビューし、そのすべての過程を動画に制作した。このため、展示場では韓国建築家の図面と写真のほか、肉声インタビューも紹介されている。

マニアク教授は中央日報のメールインタビューで「今回紹介した建築家は英国・イタリア・フランス・オランダなど欧州で建築を勉強した人たちで構成した。国際的な感覚を持ちながらも、空間の配置には韓国特有の個性が溶け込んでいる点が最も興味深い」と述べた。

マニアク教授は今回の展示を記念し、デンマーク「B」社が出版した240ページのパンフレットに、建築家の作業と特徴のほか、自分が訪問した安東屏山書院と良洞村を詳しく紹介する文を載せた。異邦人の視線から見た韓国建築に対する興味深い記録だ。

マニアク教授は学古斎ギャラリー・現代カードデザインギャラリーなどを設計したチェ・ウク氏(One o One)について「韓国建築のDNAを発見するために奮闘した建築家」と評価した。「空間の配置が非常に細かい彼の建築物には、幼い頃から経験した韓国特有の空間が隠れている」ということだ。建築家キム・ジョンギュ氏についても「精製された建築言語で伝統的なものと現代的なものを調和させる建築家(建築事務所M.A.R.U.)」と紹介した。

開幕式にはフランス建築界の著名人が多数出席した。今回の展示に総括ディレクターとして参加した建築家ハン・マンウォン氏(HNS建築事務所)は「展示を準備しながら最も心配していたのは、パリの真ん中で開きながら“自分たちだけの祭り”にならないだろうかという点だった。こうした心配とは違い、建築界の関係者や学生が展示場に集まった。韓国建築が世界舞台に飛躍する契機になることを望む」と述べた。
パリの人々を魅了…小さいが洗練された韓国建築(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    パリの人々を魅了…小さいが洗練された韓国建築(2)

    2014.02.28 14:50
    뉴스 메뉴 보기
    「韓国建築の軌跡」パリ展示場
    TOP