주요 기사 바로가기

韓国企業の最近のトピックは…素材の開発(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.02.28 10:50
0
現代自動車も素材の重要性を実感している。グローバル自動車業界と激しく競争する中、その代表的なものが車両の軽量化と燃費だ。高張力鋼板を使えば燃費を減らしながらも強度をさらに高めることができる。現代車が系列会社の現代製鉄を通じて素材開発に取り組む理由だ。世界的な自動車企業のうち大型製鉄所を系列会社として保有し、特殊鋼板を開発するのは現代車が唯一だ。後発企業まで含めてもインドのタタ自動車が製鉄系列会社を保有する程度だ。鄭夢九(チョン・モング)現代車会長は昨年11月、現代製鉄唐津製鉄所を訪問し、「鋼板の品質が自動車の品質競争力だ」と強調した。

現代車とLGは電気自動車をはじめとする次世代自動車の開発でも提携した。LGグループはこの日、LG化学・LG電子・LGディスプレイなど自動車部品事業をする系列6社を一カ所に集め、現代車ナムヤン研究所で「テックショー」を進めた。テックショーとは部品企業が自動車企業を対象に次世代技術を展示する場だ。LGがグループレベルでこの行事を開催するのは今回が初めて。現代車が国内特定グループとテックショーを進行したのも初めてだ。

現代車とLGは2000年代半ばから自動車分野で協力関係を続けてきた。両社は2004年、車両用テレマティクス(無線インターネットサービス)技術を共同開発し、2008年アバンテハイブリッド車にはLG化学がバッテリーを供給した。

暁星も素材部門で主流を目指している。最近は成果も出ている。昨年11月に世界で初めて高性能新素材ポリケトンの開発に成功した。また、鉄の10倍の強度を持つ炭素繊維も独自の技術で開発し、昨年5月に全州に工場を建設して商用化に入った。炭素繊維は軽くて熱に強いため、航空宇宙や自動車・軍需製品・スポーツなど多様な分野に活用できる。産業研究院によると、炭素繊維は2025年に自動車市場(1000兆ウォン)に次ぐ大きな市場になると予想される。

産業研究院のオ・ヨンソク研究委員は「部品・素材産業は基礎固有技術を確保するまで長い時間と多くの投資が必要で、参入障壁が高い」とし「今は韓国企業も長期戦略で体質の改善に取り組むべき時期」と述べた。
韓国企業の最近のトピックは掁素材の開発(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP