주요 기사 바로가기

「10周年」の東方神起・JYJ…3つの時期で見る「偉大な軌跡」(2)

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2013.12.26 11:26
0
◆闇の中で新たな方向模索した4年(2009~2012年)

2009年、東方神起ファンたちに青天の霹靂のようなニュースが伝えられる。7月31日、キム・ジェジュン、パク・ユチョン、キム・ジュンスが専属契約の効力を停止させてほしいとSMエンターテインメントを相手に専属契約効力停止の仮処分申請訴訟を提起した。同年10月27日、裁判所がこれを認めて3人は独自の活動が可能になった。2010年10月にはJYJを結成した。だが活動は思うほど容易ではなかった。訴訟が長引く中で地上波の出演の道がはばまれた。日本の企画会社エイベックスが契約を中止して日本での活動もやはり活路を見いだせなかった。

だが突破口はあった。持続的にレコードを発売しながら日本を除く海外ツアーに集中した。アジアはもちろん欧州や南米まで拠点を広げた。JYJ活動を基本にしたソロ活動も始めた。パク・ユチョンは『トキメキ☆成均館スキャンダル』『屋根部屋の皇太子』『会いたい』などに出演して俳優としての地位を固めた。キム・ジェジュンも『ボスを守れ』『Dr.JIN』などに出演して俳優活動に拍車を加えた。キム・ジュンスはミュージカル界のスターとして急浮上した。チケットパワーでチョ・スンウ、チョン・ソンファらミュージカル界のA級スターらと肩を並べるほどになった。

東方神起も痛みを後に、自分たちのペースを探し始めた。2011年1月に5枚目のアルバム『Keep Your Head Down』を発表。リパッケージまで合わせて計30万枚以上を売って健在を誇示した。日本での人気も「異常無し」だった。シングル『Why?』(Keep Your Head Down)は初動販売数23万1498枚でオリコンシングル週間チャート1位に上がった。9月に発表した日本での5枚目のアルバム『TONE』もやはり30万枚以上売れてオリコンアルバムチャート週間1位になった。

長く続いた法的紛争も終わった。2012年11月28日、SMエンターテインメントとJYJは任意調停で2009年7月31日付で専属契約を終了させ、今後は相互の諸般活動に干渉しないことで相互合意した。これでJYJとSMエンターテインメントの間の専属契約に関する法的紛争が終了した。

ある歌謡関係者は「今考えても非常に残念な事件だった。社会的な雰囲気は歌手側にあったし、業界では東方神起というコンテンツを作った企画会社の肩を持つ雰囲気だった。当時の事件を通じてマネージメント会社と歌手の間の契約関係などが合理的に発展するきっかけにもなったと伝えた。

◆アイドルを超え、アーティストとして世界へ(2012年~)

10年目のアイドルだが、正体はない。東方神起とJYJはいずれも強力なファン層を基盤に国内はもちろん海外で相変わらずの威力を発揮している。まず、日本活動の活路が開けたJYJは今年4月東京ドームで3年ぶりの公演を行い3日間で15万人を集めた。申し分のない華麗なカムバックの祝賀ショーとなった。ロッカーに変身したキム・ジェジュンはアジアツアーを回り、キム・ジュンスは16日から2014年1月29日まで世宗(セジョン)文化会館大劇場でミュージカル『ディセンバー:終わらない歌』に主人公として出演している。パク・ユチョンは来年2月に初放送されるSBSドラマ『スリーデイズ』に出演を確定させた。JYJ側は10周年を記念してサプライズイベントを進めている。ソウル地域の電光掲示板広告を始めYouTube(ユーチューブ)、ホームページなどJYJ関連サイトの最初の画面には「10周年お祝いメッセージ」が入っている。所属会社C-Jes(シージェス)エンターテイント関係者は「10年間、3人が共に活動しているということが最も気持ちの良いことであるようだ。ファンに感謝する気持ちで、いつも挑戦する姿勢で活動している。ファンも今日一日はお祭りのように過ごしてくれたら良い」と伝えた。

東方神起は最近、韓流の長兄役をしっかりとまっとうしている。今年4月から始まった「東方神起ライブツアー2013」に総人員85万人余りを集めた。特に今年8月、横浜の日産スタジアムに計約14万4000人の観客を殺到させて周囲を驚かせた。1回の公演で約7万2000席が埋まるというブロックバスター級の公演で「韓流帝王」の名を自ら立証した。1月中には10周年記念アルバムも発表する予定だ。10周年を迎える26日と27日には、一山(イルサン)のKINTEX(キンテックス)で単独コンサートを開いてファンたちに会う。
「10周年」の東方神起・JYJ…3つの時期で見る「偉大な軌跡」(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「10周年」の東方神起・JYJ…3つの時期で見る「偉大な軌跡」(2)

    2013.12.26 11:26
    뉴스 메뉴 보기
    JYJ(写真左)と東方神起
    TOP