주요 기사 바로가기

固く締めた財布のひも…韓国経済、来年も内需が最も心配(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.12.16 09:26
0
◆潜在成長率急に…「経済老化現象」

経総調査によれば、すでに企業経営は2012年から来年まで3年連続で緊縮経営モードだ。5%が当然視されていた潜在成長率は、3%すらも手にあまる状況に向かっている。これについてパク・スン元韓国銀行総裁は「経済老化現象」とした。LG経済研究院のイ・チャンソン研究委員は「18カ月続いている低物価まで勘案すれば、20年の不況が始まった1980年代後半の日本と似ている」として「需要不振が回復しなければ、日本型デフレーションを体験しかねない」と指摘した。経済界の心配も並大抵のものではない。「来年は『先進国は良いのに、なぜ韓国はそうじゃないのか』といういら立ちの混じった憂慮が出てくる可能性が大きい年」(パク・ヨンアン大韓商工会議所会長)、「『今年は大変だったので来年は良くなるだろう』という漠然とした期待は禁物」(イ・スンチョル全経連副会長)という不安があふれている。

カギはやはり内需だ。内需はそのまま経済活力を意味する。ところが全経連の調査では企業の半分(50.1%)が来年の経営計画の最大変数に「内需回復不十分」を挙げた。10月大型マート売り上げは昨年10月よりも6.4%下落したが、昨年10月の売り上げは2011年10月よりもすでに6.6%下落した状態であった。内需不振にお金が回らなければ投資・雇用が萎縮するしかない。

◆内需悪化→投資・雇用不振の悪循環

その上、成長を支えてきた企業投資も不吉だ。1-3月期28.5%だった国内の設備投資対比の海外設備投資比率は、7-9月期には35.9%にぐんと高まった。国内投資が萎縮した代わりに海外投資は増えたという話だ。

通常賃金範囲の拡大や労働時間短縮などが本格化すれば、人件費の負担で国内投資はさらに減る可能性がある。その上、企業10社中8社(79.4%)が「税務調査が過去よりも強化された」として企業周辺環境の悪化を心配している。明智(ミョンジ)大経済学科のチョ・ドングン教授は「経済民主化法と政争だけが乱舞して、経済活性化の努力は後まわし」としながら「現政権と政界が今のように混乱だけを引き起こせば、後になって韓国経済退行の責任を避けることはできないだろう」と指摘した。
固く締めた財布のひも…韓国経済、来年も内需が最も心配(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP