주요 기사 바로가기

「米NSA、竜山米軍基地のCCソウルで韓国を盗聴」(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.11.07 11:02
0
「盗聴できることはすべて盗聴した」。

ドイツのメルケル首相をはじめ、35カ国の首脳級を対象に盗聴したことが明らかになり危機に直面している米国家安全保障局(NSA)の活動を象徴的に表す言葉だ。1952年に設立され、現在およそ3万8000人の職員が年間80億ドルの予算を使う強大な情報機関だ。米世界情報収集網の中枢であるNSAの盗聴は韓国も例外でない。盗聴対象33カ国のうち韓国は焦点地域に選ばれたというのがニューヨークタイムズ(NYT)の報道内容だ。外交部の確認要請に対し、オバマ政権は明確に回答していない。しかし米国内16カ所の情報機関を総括するジェームス・クラッパー国家情報局(DNI)局長は下院聴聞会で「外国首脳監視は情報活動の基本」と述べた。首脳に対する盗聴を認めたのだ。

ソウルの状況はどうか。匿名を求めた報消息筋は6日、「中央情報局(CIA)や国防情報局(DIA)など米国の他の情報機関とは違い、NSAのソウル活動は相当部分がベールに包まれている」と述べた。NSAの別称が「そのような機関はない」(No Such Agency)と呼ばれるのと軌を一にする。情報関係者の間では「CIAは北を眺め、NSAはソウルを眺める」という言葉もある。対北朝鮮情報に集中するCIAなどは韓米協調を通じて情報共有をするが、NSAの活動は隠密に行われるということだ。

核心情報関係者の伝言を総合すると、NSAは光化門の米大使館と竜山米軍基地を拠点に活動していると把握される。治外法権的地位を享受する2カ所が極秘を要する盗聴装備と「特殊情報収集チーム」(SCS)と呼ばれる組織運用に適しているという点でだ。竜山基地内の在韓米軍地下壕指揮所「CCソウル」は韓国の情報当局が注目する核心施設だ。「FOB-K」と呼ばれる基地内DIAの拠点も挙げられる。ソウル江南の山岳地域に位置した米軍の地下施設タンゴバンカーの電子装備にも、盗聴設備があると判断される。消息筋は「30人前後のNSA担当者が大使館の職員や在韓米軍幹部を装って活動していると見ればよい」と語った。CIAが15人ほどの公式要員を派遣したのに比べ比重が大きい。

一部では、韓米連合で京畿道城南地域で運用中の対北朝鮮盗聴専門「第777部隊」(スリーセブン)の装備の一部が、北朝鮮ではなく「韓国監視用」として使用されているという疑惑も提起されている。韓米が共同勤務するスリーセブンの部隊長は韓国軍の少将級。消息筋は「ほとんどの装備を韓米が共有するが、米国側が絶対に公開しない装備と区域がある」と話した。別の情報関係者も「我々の土地だが、米国の途方もない力という現実が支配すると見ればよい」と話した。米国の情報提供が切実な韓国の立場で、米側に搬入を拒否したり説明を要求するのは容易でないということだ。また韓国側には提供されない「No Foreigner」という印が押された情報は、韓国は排除されたまま米国だけが独占する最高級情報だ。
「米NSA、竜山米軍基地のCCソウルで韓国を盗聴」(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP