주요 기사 바로가기

「独島の日」、防御訓練・動画で「韓国の領土」確認

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.10.26 09:56
0
「独島の日」の25日、軍は海軍特殊戦部隊(UDT/SEAL)が動員された独島(ドクト、日本名・竹島)防御訓練を行った。

軍関係者は「24日に始まった護国訓練の一環として、独島近隣で作戦中の戦力が独島防御訓練をした」とし「午前8時から昼12時まで海軍艦艇、空軍戦闘機、海洋警察警備艦などが動員された軍・警合同訓練を行った」と明らかにした。

この日の訓練には韓国型駆逐艦「広開土大王」(3200トン)と護衛艦・哨戒艦など海軍第1艦隊所属艦艇5隻と5000トン級の海洋警察警備艦、F-15K戦闘機2機、海軍哨戒機などが動員された。外国軍の戦闘機と海軍の登場に対応して韓国空軍と海軍・海洋警察が出動し、独島を占領した海外極右勢力を追い出す訓練だ。特に、海軍特殊戦兵力が独島に上陸し、外部勢力を追放する訓練も行った。軍は1986年以降、年に1、2回ずつ独島防御訓練をしているが、このように大規模な戦力を独島に派遣したり、海軍兵力が動員された独島上陸訓練を行うのは異例。

軍は当初、メディアにこうした事実を公開しない予定だった。しかし「独島の日」を迎え、多くの国民とメディアが現地を訪問し、記念行事を開いている状況で、公開が避けられなかった。何よりも最近冷え込んでいる韓日関係の中、日本が独島広報映像を制作して公開するなど挑発の程度を高めているため、独島守護に対する軍の意志を誇示するために強力な訓練を行ったと説明した。軍関係者は「独島が韓国の領土という事実は変わらない真理」とし「有事の際いつでも我が軍が出動し、独島を守る状況を維持するための訓練」と述べた。

この日の訓練に対し、日本は反発した。菅義偉官房長官は定例記者会見で、「我が国の立場に照らして受け入れられず、極めて遺憾だ」と述べた。また「竹島は歴史的にも国際法上も我が国固有の領土いう立場は一貫している」とし「東京とソウルにおいて、外交ルートを通じ、直ちに強く抗議した」と伝えた。この日、日本外務省は在日韓国大使館の金元辰(キム・ウォンジン)政務公使を呼んで抗議した。

一方、徐敬徳(ソ・ギョンドク)誠信女子大教授はこの日、独島に関する動画(http://youtu.be/U5lMJjL9yXE)をユーチューブで公開した。10分34秒の動画は、異斯夫将軍、朝鮮の安竜福(アン・ヨンボク)、高宗皇帝などの独島関連人物を通じて、独島が歴史・地理的に韓国の領土であることを分かりやすく説明している。東北アジア歴史財団や奎章閣韓国学研究院など政府機関をはじめ、鬱陵邑浦項MBC、メガスタディなどが参加して制作した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP