주요 기사 바로가기

許可受けた中国漁船1600隻、その3倍が韓国の海で操業

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.10.18 15:39
0
中国漁船の違法操業は1990年代に始まった。当時から汚染と乱獲で中国の海で漁業が難しくなると、韓国の海域に入って密かに操業をした。このため韓国政府は2001年、中国と漁業協定を締結し、相手国の排他的経済水域(EEZ)内では許可を受けた漁船だけが定められた漁獲量の範囲内で操業できるようにした。今年中国に許可されたのは1600隻、6万トンまでだ。

しかし実際には大規模な違法操業が行われている。中国の海域に魚がいないからだ。海洋警察は今年の場合、韓国EEZで操業をする中国漁船が、許可を受けた船の3倍にのぼるとみている。ほとんどがイシモチやイワシを漁獲する。

違法操業をして捕まった中国漁船は2001年の174隻から2011年には534隻に増えた。昨年は467隻、今年は9月末までに266隻が摘発されている。

拿捕された船はトン数によって異なるが、普通1億3000万ウォン(約1200万円)-1億5000万ウォンの担保金を受けて解放する。捕まれば巨額の担保金を支払うことになるため、中国船員は激しく抵抗する。まずは接近を防ぐ。2000年代初期には韓国海洋警察が乗った高速ゴムボートが近づけないよう船の周囲に網を張っていた。2年前の2011年には海洋警察が漁船に乗り込めないよう船端に鉄板を設置した漁船が登場し、今ではその鉄板の上に鉄串まで付けている。16日に海洋警察が拿捕した船はすべて同じ形で、鉄串が付いた鉄板を設置していた。

船員が凶器を振り回すことも多い。2008年には全羅南道新安郡可居島沖で、中国漁船の取り締まりを行っていたパク・ギョンジョ警衛が中国人船員が振り回したシャベルで海に落ちて死亡するなど、これまで2人が殉職した。

また韓中漁業協定後、これまで計62人が取り締まり過程で負傷している。激しく抵抗したり海洋警察を負傷させた中国船長・船員は拘束する。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP