주요 기사 바로가기

西海に行くと…戦争のような中国漁船取り締まり=韓国(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.10.18 09:53
0
16日午後3時、全羅南道新安郡紅島沖の海上。全羅南道木浦海洋警察署所属の3000トン級3009艦の船内スピーカーから命令が下された。「全員、検問準備!」。韓国の排他的経済水域(EEZ)で操業する中国漁船を検問・検索するための出動待機命令だ。レーダーが中国漁船と推定される船をとらえた。

◆「実弾装填、停船信号を送れ、ヘリ投入」

「キー右側5度、220度!」。3009艦は船首を紅島の西南側40キロの海上方向に向けた。船に搭乗した木浦海洋警察所属の機動・特攻隊員の計16人は実弾が装填されたK5拳銃、スポンジゴム弾を撃つ多目的発射機、鎮圧棒、閃光暴音弾、催涙弾、電子衝撃銃などで武装を終えた。

「中国船員と私たちの人命被害を防ぐのはもちろん、できるだけ速く乗船し、違法の証拠を確保してほしい」。キム・ジュンピョ副艦長(54)の指示が出ると、直ちに隊員は甲板の両側に綱でつながれた高速短艇に移動した。

午後4時30分。艦艇5キロ前方に中国漁船がかすかに見える。「停船信号を送れ」という指示で“ブーン”と鼓膜を刺すよう大きな汽笛が鳴った。信号音を2回さらに鳴らしたが、漁船は停止するどころか、中国側に向かって逃走した。

3009艦とともに作戦に入った1500トン級1508艦は大型プロペラ2つが付いたカモフヘリコプターを飛ばした。機動・特攻隊員が乗った高速短艇も出動した。

しかし隊員は中国漁船に乗り込む機会をつかめなかった。以前には見られなかった構造物が船端に設置されていたからだ。中国漁船は船端に高さ1.5メートル、その上側に30センチ間隔で長さ30センチの鉄串が飛び出した鉄板を設置している。海洋警察が船に乗り込めないよう障害物を設置したのだ。

第2次作戦が始まった。ヘリコプターが船の上空で大型プロペラを回し、漁船の甲板側に暴風を浴びせた。煙幕弾も撃った。中国漁船の鉄板が揺れ、一部が剥がれ落ちた。その隙に機動・特攻隊員が乗船を試みた。すると船員は大声で叫びながら石を投げた。1人は包丁を振り回した。しかし隊員が鎮圧棒で追い詰めると、包丁を置き、両手をあげて降伏した。

鎮圧の過程でハン・ウギ巡警(28)がけがをした。船端に鉄板を乗り越えた際、海水に濡れた甲板で滑り、左腕を骨折した。
西海に行くと…戦争のような中国漁船取り締まり=韓国(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    西海に行くと…戦争のような中国漁船取り締まり=韓国(1)

    2013.10.18 09:53
    뉴스 메뉴 보기
    木浦(モクポ)海洋警察機動・特攻隊員が16日午後、全羅南道紅島沖で違法操業中の中国漁船を取り締まっている。
    TOP