주요 기사 바로가기

ベンツ・ポルシェまで…小型SUVが人気(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.09.25 17:11
0
2つ目の流れは、高級ブランドが先を競って中小型級SUV開発に参入している点だ。高級化戦略を前面に出して高価な中大型車を主に生産してきたのとは違う様相だ。メルセデスベンツは今回のフランクフルトモーターショーで準中型級SUV「GLAクラス」を初めて公開した。長さ4417ミリと、ツーソンと似たサイズのこの車は、ベンツのSUVの中で最も小さい。11月にはポルシェ「マカン」が米ロサンゼルスモーターショーでデビューする。ポルシェは「カイエン」に続くSUVとしてマカンを開発した。カイエンと外観は似ているが、サイズが小さいため「カイエンの弟」とも呼ばれた。

「X3」「X1」などを出しながら高級ブランドの中小型SUVブームを主導したBMWは、SUVとクーペの混合型モデル「X6」の縮小型「X2」と「X4」も開発している。アウディも準中型級「Q3」より小さいSUV「Q2」を開発中だ。

「小型SUV全盛時代」は、現在の世界自動車業界のもう一つの重要な流れの一つ「小型乗用車全盛時代」と軌を一にする。世界的な景気低迷が長期化し、車の価格や維持費が安い実用的な車の需要が増えているのだ。車を初めて購入する若年層から引き込み、生涯の顧客にする戦略とも無関係ではない。最近、小型車「Aクラス」を韓国で出したベンツの関係者は「AクラスやGLAクラスがベンツで最もよく売れる車になることはないが、初めて車を購入する若年層に『生涯最初のベンツ』という意味を植え付けることはできる」とし「最初の車が気に入れば、その後、中型車、大型車に移りながら生涯ベンツの顧客になる可能性がある」と話した。

自分だけの個性的な車を望む需要とも無関係ではない。業界によると、世界最大市場の中国でもこうした流れが出てきている。中国では伝統的に大きな車が好まれてきたが、若い層の考えは違う。劉氏は「中国の80後(1980年代生まれ)・90後(90年代生まれ)世代が主な消費者群に成長しているが、SUVを見る人たちの観点は過去の世代よりはるかに個性がある」と話した。中国をはじめとする第3世界の国で女性運転者が増えている点も、小型車が好まれる原因に挙げられる。女性は運転しやすい小型車を好む傾向があるからだ。

技術力が高まり、最近の中小型SUVは大型車に劣らない力を備えているという点も、人気要因の一つだ。日産ジュークは最大出力が190馬力、ベンツGLAクラスは211馬力に達する。コンセプトカーではあるが、起亜車ニロも最大出力が205馬力だ。国内自動車業界の関係者は「最近は国内でも若い層を中心に、大きな車より運転が楽しい小型のファンカー(Fun Car)を好む傾向が強まっている」とし「この条件に完全に一致するのが個性・実用性・躍動性を備えた小型SUVであるだけに、国内でもこの領域の車が人気を呼ぶだろう」と話した。
ベンツ・ポルシェまで…小型SUVが人気(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    ベンツ・ポルシェまで…小型SUVが人気(2)

    2013.09.25 17:11
    뉴스 메뉴 보기
    ベンツ「GLAクラス」
    TOP