주요 기사 바로가기

サムスングループ2人の娘の勝負の一手(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.09.24 10:35
0
李健熙(イ・ゴンヒ)サムスン電子会長の2人の娘が勝負に出た。第一毛織とサムスンエバーランドは23日、「株主総会を経て第一毛織の織物・ファッション事業部門をサムスンエバーランドに12月1日付で1兆500億ウォンで譲渡する」と発表した。

1954年に反物製造など毛織事業でスタートした第一毛織が創立から59年で“本業”をまるごと他の会社に譲渡するのだ。第一毛織の立場では社名を変えなければならないほどの大きな決断だ。第一毛織はファッション部門を譲渡して確保した資金を素材・ケミカル分野に集中投入する計画だ。売り上げなどの規模とは別に、第一毛織のファッション部門はサムスンのルーツにつながり特別だ。サムスン創業者である李秉チョル(イ・ビョンチョル)会長(故人)は、“食べるもの”を作る第一製糖を53年に設立し、翌年には“着るもの”を作る第一毛織を設立した。このような第一毛織のファッション事業をこれまで李会長の二女の李敍顕(イ・ソヒョン)副社長が総括してきた。

◆“本業”変えた第一毛織は電子素材に集中

サムスンエバーランドは李会長の長女の李富真(イ・ブジン)ホテル新羅代表が経営企画担当社長を兼任している。そのためこの日の姉妹間の電撃的な“ビッグディール”の発表はグループ内外に少なくない波紋を投げかけた。

第一毛織のファッション部門は李敍顕副社長が格別な愛着を持ち力を注いでいた事業分野だ。ソウル芸術高校と米パーソンズデザインスクールを出た李敍顕副社長は社会生活も2002年に第一毛織ファッション研究所の部長からスタートした。

以後李敍顕副社長は第一毛織を内需中心からグローバルファッション企業に変えるのに力を入れてきた。男性服に偏っていた事業構造を、女性服、カジュアル、ファーストファッション(SPA)などに変化させた。米ファッションデザイナー協会(CFDA)理事会メンバーで、世界のファッション界に広い人脈を持っている。
サムスングループ2人の娘の勝負の一手(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP