주요 기사 바로가기

「デラックスな味」…米有名ブロガーが1位に選んだ韓国ラーメン(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.09.17 15:56
0
「絶対的に完ぺきだ(absolutely perfect)。麺は薄くてコシが強く、辛い味と濃い豚肉のだし汁、野菜と黒ゴマ、ピーナッツフレークはよく組み合わさっている。ひと言で言ってデラックスな味の世界だ」。

世界的なラーメンブロガーのハンス・リーネッシュ(Hans Lienesch)氏は先月、自身のブログで「今年のラーメントップ10」を挙げながら、ある製品に関してこのような評価を残した。リーネッシュ氏は11年間、世界各国のラーメン1100種余りについての試食記を書くブロガーとしてCNNなど海外メディアがラーメン関連の報道をする時に最もよく引用する世界的な専門家だ。リーネッシュ氏の絶賛を受けて1位に挙げられた製品はまさに韓国の農心が作った「チンチャチンチャ」だった。このほかに辛ラーメンブラックやインスタントチャジャン麺(ジャージャー麺)・辛ラーメンも「高級な麺」「卓越したチャジャンソース」などの評を受けてそれぞれ3・5・10位に上がった。トップ10のうち4つを韓国製品が占めたのだ。

今年で誕生50周年を迎えた韓国ラーメンがグローバルヒット商品に成長している。農心・三養など韓国内のラーメン企業は現在100カ国余りに製品を輸出している。農心R&Dセンターのパク・スヒョン専務は「メイド・イン・コリアの製品の中で、自動車やスマートフォンと比べても遜色がないほどグローバル競争力のある製品がまさにラーメン」としながら「麺からスープ、だし汁、容器までと絶え間ない革新があったからこそ実現できた」と説明した。

韓国内でラーメンが初めて生産されたのは1963年9月15日、三養が日本の技術を持ち込んで国産化に成功してからだ。2年後に農心が参入して国内ラーメン業界は激しい競争が始まった。特に農心は創立時から技術研究所を設立して品質対決をリードしてきた。この研究所が70年代に出した「牛肉ラーメン」は味付けした麺と鶏のだし汁で味を出し、ラーメン市場に変化をもたらした契機になった。農心はこの製品だけで年間の売り上げが前年の3倍近くに増加する記録を打ち立てた。農心関係者は「牛肉ラーメンの成功は、日本のラーメンをそのまま模倣する慣行から抜け出して韓国人の口に合う新しい味を開発すれば市場が拡大する可能性があるという教訓を得たきっかけになった」と説明した。
「デラックスな味」…米有名ブロガーが1位に選んだ韓国ラーメン(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「デラックスな味」…米有名ブロガーが1位に選んだ韓国ラーメン(1)

    2013.09.17 15:56
    뉴스 메뉴 보기
    農心が最近、東京の渋谷で開催した辛ラーメン販促イベントは、現地の人たちが駆けつけて大盛況となった。(写真=農心)
    TOP